車の査定(キズ・へこみ)1

車の査定時のキズやへこみについて詳しく解説しています。車買取(下取り)で査定をお願いする予定だけど前にこすってるからボディにキズやへこみがあるのよね…と査定に不安になってはいませんか?車を高く売るためにキズやへこみを修理するとに損をする可能性が高いです。

車の査定でキズやへこみを直すと査定金額で確実に損をする?

中古車の傷やへこみを査定前に修理すると査定額はあがるの?

車の査定初心者4

車買取(下取り)で査定をお願いする予定だけど、前にこすってるからボディにキズやへこみがあるのよね…

と査定に不安になってはいませんか?

事故車のような大きいダメージは受けていないにしても、長年乗ってると車に小さなキズやへこみの一つや二つは出来るもの。

誰しも長年のった愛車を売る際「どうせなら車を高く売りたい」と思うのではないでしょうか。

そのため「中古車にキズやへこみがあると査定金額が大きく下がってしまうのでは?」と心配する人もいるかと思います。

車の査定ガイド11

確かに、キズやへこみがないほうが車の査定額は高くなります。しかし、車を高く売るためにキズやへこみを修理すると確実に損をするんです。

今回は「なぜ車買取(下取り)の査定前にキズやへこみを直すと損をするのか」

また、「キズやへこみのある車を車買取査定で出来るだけ高額査定をつける方法」などを分かりやすく説明していきたいと思います。

ご自身の車にキズやへこみがある場合は最後までチェックしてみてください。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

車の査定でキズやへこみはどれくらいのマイナス査定になるの?

車の査定(キズ・へこみ)2

車にキズやへこみがあった場合「査定時にどれくらいマイナス査定(減額)されるのか」が気になるポイントだと思います。

始めに結論から言うと、キズやへこみがあってもビックリするような減額にはなりません。

車のキズやへこみの査定額の減額目安は以下のとおりです。

中古車査定で傷やへこみがあった場合の減額の目安

キズやへこみの大きさ

減額の目安

1cmほどのキズやへこみの場合

なし

カードサイズほどのキズやへこみの場合

1万円程度

カードサイズより大きいキズやへこみの場合

2万円程度

キズやへこみが30cm以上の場合

3万円程度

車の査定ガイド11

このようにキズやへこみがあった場合、「減額されない」ということはありませんが、それでも驚くほど減額されることはありません。

ここで紹介したものはあくまでも一般的な目安ですが、査定をしてもらう時の参考になると思います。

キズやへこみを査定前に修理した場合の費用の目安

キズやへこみの修理費は、大きさやキズのタイプによって異なります。

車のキズやへこみの修理費の目安は以下のとおりです。

修理する車のキズやへこみの度合い

修理するキズやへこみの度合い

修理費の目安

1cm程度のこすりキズ

6千円以上

カードサイズのこすりキズ

1万円以上

爪が引っかかる程度の深いキズ

2万円以上

こぶしサイズのへこみ

2万5千円以上

バンパーの交換

国産車5~10万円程度

輸入車20万円程度

ドアの交換

国産車10万円程度

輸入車20万円程度

上記の「減額の目安」と比べても、修理費のほうが高くなる傾向にあります。

車の査定ガイド11

そして、キズやへこみが大きくなるほど「査定時の減額」と「修理費」の差が大きく開きます。

また、高級車や輸入車の場合、部品代が高くなるため修理費も高くなります。

知り合いの工場に頼んで修理費を安く抑えられる等のケースもあるかもしれませんが、ほとんどの場合は修理費のほうが高くなってしまうのです。

つまり、高く売るためにわざわざ修理しても、修理費のほうが高くつくため結果的に損をしてしまうということ。

中古車査定はなぜキズやへこみがあっても大きな減額にはならないの?

車の査定(キズ・へこみ)

車は修理すれば高額な費用がかかりますが、直さずにそのまま査定してもらっても大きな減額にはなりません。

それでは、なぜキズやへこみがあっても車の査定時に大きなマイナス評価にならないのでしょうか。

車の査定ガイド11

理由は、多くの買取業者が自社の整備工場や提携の整備工場を持っているからです。

つまり、非常に安いコストで修理できるから、中古車に少々のキズやへこみがあっても気にしない業者が多いのです。

ですから修理をしてピカピカに直したとしても、査定額が大きくアップすることはありません。

買取業者はキズやへこみがあるような車を買い取ることなど日常茶飯事ですし、そのような車でも整備工場で安く修理して、再び販売するネットワークがあります。

多少のキズやへこみがあっても利益が見込める車であれば、ちゃんとした金額で買い取ってもらうことが出来ます。

キズやへこみがある場合でも、修理せずにそのまま売るのが賢い方法ですね。

車のキズやへこみを自分で修理すると査定金額は高額になる?

車の査定初心者6

小さなキズは査定額に大きな影響が出ないので、板金塗装屋で修理するよりも、そのまま買取査定に出した方が良いとあったけど自分で修理する場合はどう? 

引っかき傷、へこみを自分で直せるなら業者に頼むよりもはるかに安く修理することが出来ますよね。

これについては自分でキレイに修理できるならやった方が良いです。

小さな傷の場合は査定額に大きな影響はありませんが、それでも多少はマイナス査定になる可能性があるので、キズやへこみを無くせるなら無くしたほうが良いに決まっています。

車の査定ガイド11

ただ「自分でキレイに修理出来るなら」と言うのがポイント。

浅いキズならコンパウンドで磨けば補修できますが、深い傷だとパテを使って、スプレーで重ね塗りする必要があるので思った以上に難しいんです。

デメリット①中古車を査定する前に傷やへこみの補修で無駄なお金がかかる

キズやへこみを直そうと思うと、補修グッズが必要となってきます。

極細のコンパウンド、細めのコンパウンド、粗目のコンパウンド、仕上げ用クロス、つや出し剤、コーティング剤などある程度きれいに直そうと思うと、数千円の出費がかかってきます。

しかも、一度グッズを買ったとしても基本的に滅多と使う機会がないため、車庫の中に眠ってしまうだけとなり、その後の使い勝手も正直あまりありません。

車の査定ガイド8

少しでも査定価格を上げるためと思って、キズやへこみを直すことが逆に補修剤にお金がかかってしまっていては本末転倒です。

そういった意味でも査定前のキズやへこみの補修はあまりおすすめではありません。

デメリット②査定前の大事な中古車なのに傷がひどくなる可能性がある

中古車査定整備士1

塗装色が黒色や濃色系の車の場合は、塗装色が弱いため、コンパウンドの使い方を誤ると塗装の色が薄くなったりぼけてしまうということが起こります。

塗装色がぼけてしまうと、その一部分だけの色味が薄くなり、ツヤもなくなってしまいます。

本来の減点対象が『キズ』によるものであっても、塗装色がぼけてしまうと『板金・塗装』になってしまい、減点の金額も3倍以上にふくれあがってしまいます。

初心者がコンパウンドを使うと、こすりすぎや力の入れ具合で寧ろマイナス査定になってしまうことが多いです。

塗装がぼけてしまうと、お店に出さないと直すことができないので、事前知識として知っておきましょう。

どこに車の査定を出すのが一番高い金額で買い取ってくれるの?

車の査定初心者4

ここまでの説明で、キズやへこみがあっても車の査定金額に大きく影響しないことがわかったけど、どこで査定をお願いしてもいいの?

車の買取店によって査定基準が違う

買取業者によって、キズやへこみに対する査定基準は異なります。

車の査定ガイド11

そのため、同じキズでも1万円減額する業者もあれば、3万円減額するところもあります。

キズの大きさや数によっては、査定額に10万円以上差が出ることも少なくありません。

なぜなら、自社の整備工場を持っている業者は非常に安いコストで修理できるからです。

しかし、修理を別のところに依頼しなければいけない買取業者は、修理コストが大きくなります。

そのため赤字にならないように、その分安く買い取りたいと考えます。

つまり、買取業者によって査定基準が異なるため、出来るだけ高い査定金額で買い取ってくれる業者を探す必要があります。

キズやへこみがあっても高い査定金額で車を買い取ってくれる業者の探し方

車の査定(キズ・へこみ)4

買取業者の中には「キズあり車」「事故車」に特化した販売ルートを持つ業者があります。

そのような買取業者は、キズがあっても販売力があるため、上手に利益を出せます。

ただ、このような特徴の買取業者を自分で調べ出すのは非常に難しいです。

一括査定キズやへこみのある車を高く売るコツは「査定額の比較」

そこで重要になるのが、「相見積もり」を取ること。

相見積もりとは「業者ごとの見積もりを比べること」のことを言います。

何社か査定をしてもらい、その中から最も高値をつけてくれた業者を選ぶのです。
こうすることで、査定額に数十万円の差が生じるケースも良くあります。

ですから、最低でも3社以上は査定をしてもらい、見積もりを取りましょう。

車の査定初心者4

でも、買取業者を自分で探して何社も回って相見積もりを取るのってとても大変

多くの人は、これが面倒で、手っ取り早く近所の買取店やディーラーに売ってしまいます。

ただ、それでは車を高く売れません。(お店によっては0円になるケースも)

車の査定ガイド11

相見積もりを取るのに一番簡単な方法は、愛車の一括査定サイトという無料サービスを利用することです。

車一括査定とは

車一括査定とは、中古車を一括で査定依頼できる無料サービスのことを言います。

このサービスでは、登録をすると複数の買取店に一括で査定の依頼ができます。

もちろん大手の買取店がほとんど加盟しているため、安心して利用できます。

車の査定ガイド7

また、査定のときは自宅まで来てくれるところがほとんどなため、わざわざ何社も回って車を持ち込む必要がありません。

この無料一括査定サイトを利用する際、最低でも3社以上に査定をしてもらってください。

そうすれば、査定金額を比較できるため、一番高値の査定額をつけてくれた買取業者を選ぶことができます。

中古車一括査定実際の事例

日産セレナ2009年式(4.5万キロ)

買い取り店A買い取り店B買い取り店C
138万円100万円86万円

差額52万円

トヨタ ヴォクシー2014年(3万キロ)

買い取り店A買い取り店B買い取り店C
250万円220万円210万円

差額40万円

車のすりキズやへこみは直さずにそのまま査定へ!

キズやへこみがある車は、直してから売ったほうが確かに高く売れます。

しかしほとんどの場合、修理費のほうが高くつくため結果的に損をしてしまうことが多いです。

そのため車にキズやへこみがあっても、気にせずにそのまま査定に出して売りましょう。

車の査定ガイド11

ただし買取業者によってキズやへこみに対する査定基準は異なりますので、損をしないためには3社以上から見積もりを取って比べることが非常に重要です。

そうすることでキズやへこみがある車でも高く売ることが出来ますよ!

車のすりキズやへこみも大丈夫!無料の中古車一括査定で愛車価格をチェック!

カーセンサーnet

入力わずか3分。メール査定ok!最大規模の車一括査定!

車の査定ならカーセンサー

  • No.1の全国展開数!!
  • 大手業者から地元の中小業者まで!
  • 輸入車、事故車OK!
  • メール査定OKの車買取業者も選べる!

リクルート運営の車買取査定サイト「カーセンサーnet」は、入力わずか3分で最大30社の車買取業者に車の査定を依頼することが可能。

地元の小さい車買取業者から、大手の業者まで自分が依頼したい業者のみにお願いできます。

車の査定ガイド11

事故車や輸入車でも専門の買取業者を選べるので、とりあえず車を売るのが初めてという方や、大手が安心という方にはカーセンサーがおすすめ。

【無料】カーセンサーnetの簡単ネット査定はこちら

中古車一括査定で愛車の価格を上げるには?