車両保険で全損になったら引き取り?手放す?

全損になった車は引き取れるのか。引き取ってもらうのがよいのか手放す方がいいのか。基本は手放す人が多いと思いますが、パーツなどを引き上げたい人もいるでしょう。全損した車の基本的な流れと処分方法をパターン別に説明します。

全損 車 引き取り

車両保険で全損になったら車は引き取りすべきなのか手放すべきなのか。

結論から言うと全損した車は引き取りした方がお得です。

車の査定初心者6

では一般的に車両保険で全損になった場合どういう流れで進むのでしょうか?

車の査定ガイド11

今回は全損した車の基本的な流れと処分方法を見ていきましょう。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、事故車は特にチェック!

\詳しくは以下のページにて説明しています/車の査定

全損になった車の基本的な流れ

「車両保険の場合」「相手の対物保険で賠償してもらった場合」によって変わってくるので、パターン別に説明します。

車両保険の場合

全損になり車両保険を満額受け取った場合、その車は保険会社の名義や、下請けの処分業者に名義変更することになります(保険会社によって異なります)。

きちんと「約款」という保険契約が書かれている書類に明記されているのです。

車の査定ガイド11

ですから、基本的には全損になった車を自分で処分してお金をもらったり、部品を取ったりすることはできません(後付けのETCやカーナビなどは取っても大丈夫です)

対物賠償責任保険の場合

では、「相手に対物保険で賠償してもらう場合は?」というと、本来は保険会社が引き上げることが可能ですが、実際には被害者さんが処分してよと言わない限りは保険会社が引き上げることはありません。

法律的には、全損として時価額を支払えば、車は保険会社が引き上げ処分しても何ら問題はありませんが、実務上は行っていません。ですからこの場合、カーナビなどのパーツ取りをして売却しても問題ないでしょう。

全損になった車の基本的な流れですが、契約上の車両保険金額が満額支払われ、事故車は保険会社が引き取ります。

例)契約上の車両保険金額が100万で修理費が120万かかる場合

車の査定ガイド11

保険金額<修理費という時点で全損扱いになるわけなので、20万もオーバーで全損という扱いになります。

もちろん、保険会社の人間が実際に車を見て判断した上で全損を確定させます。

そうなれば、保険会社から修理するしないに関わらず、原則100万円があなたが指定した口座に支払われる形になります。

ただ、基本的に全損時諸費用特約なるものをオプションで契約しているのがほとんどなので、実際には、車両保険金額✕10%(20万円限度)がプラスされます。

100万円✕10%=10万⇒計110万

このようにして保険会社からは110万円が振り込まれます。またこの時、オプションで新価特約というものを別に契約していれば、新たに購入することになる新車費用と同等の費用が車両保険で支払われます。

ですが、おそらくこの新価特約を付帯している方は少ないので、通常は上記の110万円が支払われます。

たとえ車両保険の免責が10万円あったとしても110万円満額が振り込まれます。全損の場合は免責は除外して考えます。

車の査定ガイド11

ただ、おそらく気になるのは、保険会社が車を引き取るという内容でしょう。これは保険約款に定められていることなので原則絶対です。

車というのは全損となっても残存価値があるため、高くても数万円程度ですが売れます。保険会社はそういった業者と提携しているので、保険金を支払うかわりに車を回収するのです。

全損した車を引き取りしたい場合

車両保険に入っていて、全損になったけど車を引き上げて欲しくない場合はまず、「引き上げないでほしい」と保険会社にお願いしてみましょう。

車両保険は、基本的には引き上げることが前提なので、車両保険金を満額受け取ることはできません。

車を引き上げない代わりに「スクラップ控除」と言って、その車を保険会社が売却した場合の金額を車両保険金から差し引いて支払うことになります。

例えば、「車両保険金が100万円」「全損になった車の査定が3万円」の場合は、100万円から3万円を差し引いた97万円をお支払いすることになるのです。

車の査定ガイド1

高くても数万円ですから、「思い出の車だから、部品が欲しいから」という理由で全損になった車を引き取りたい場合は、遠慮なく言ってみるといいですよ。

全損した車を引き取りした後どうしたら良い?

全損の車を引き取りした後その車は当然処理することになるかと思いますが、そのクルマはどのように処理していけば良いのでしょうか。見ていきましょう。

全損した車を引き取りした後ディーラーに頼む

全損した車を引き取りして手元に残ってしまった場合、まず一番に頭に浮かぶのがディーラーに全損車の処理を依頼するという方法。

車 買い替え ディーラー

車の査定ガイド1

普段からお付き合いのあるディーラーがいる場合は、引き取りした後すぐに相談もでき、修理見積りもすぐに見ることができることがメリットでしょう。

ただし、そもそも全損車なので、修理費用は高額であることがほとんど。特に大手メーカーのディーラーの場合は、故障部分の部品を新品と交換するケースが多いため、費用も高くなります。

整備工場などで修理をする場合、中古部品との交換は比較的安価であることが多いようですが、それでも費用はかかります。

修理費用の見積もりを行うだけでも、修理費の総額の5%~10%など見積り手数料を設定しているディーラーもあるので、修理費用、修理見積り手数料と合わせると費用は高額となるでしょう。

また、修理を諦めて廃車にする場合でも、廃車手続のための手数料を取られてしまうことがほとんどです。

全損した車を引き取りした後廃車買取業者に頼む

車の査定ガイド11

一方、全損した車を引き取りした後、廃車買取業者に頼むという手もあります。

事故 廃車 修理

廃車買取業者はなじみがない人も多いかもしれませんが、現金買取をしてくれる業者もあるのがメリット。最近では、面倒な廃車手続きの代行までしてくれるお店も多くあります。

現金買取をしてくれるのは、たとえ全損車や事故車であっても、部品・パーツとしてリサイクル業者にまわすと、それなりに需要があることが理由です。

また、廃車買取業者は解体業も行っていることが多く、引き取りから車両解体まで自社でまとめて行ってくれるため、追加で手数料が発生しません。

特に、事故車や全損車を専門に扱っている廃車買取業者に依頼をすると、査定額が0円になることはほぼありません。

使える部品・パーツを解体して見極める知識と、それらの部品を買い取ってくれる業者とのネットワークがあるため、事故車や全損車であっても、価値を付けることができるのです。

車の査定初心者5

このように比較してみると、ディーラーに頼んで全損車の処理をするよりも、廃車買取業者に頼んで、査定から買取、解体と廃車手続までお願いする方がお得なんですね。

車の査定ガイド11

中古車専門の買取業者では、査定で値段がつかないこともありますが、あきらめずに事故車・全損車も扱っている業者にお願いしてみましょう。

全損した車は引き取りした方がお得(まとめ)

車の査定ガイド1

結果的に、全損車は引き取りしてから実際に修理はせずに全損車対応の車査定サービスなどを利用して、車を売ってお金をもらうのが一番お得です。

事故車の下取り

上記のようなサービスを利用した場合、場合によっては高額で全損車が売れます。例え全損車でも、使えるパーツは高値で取引されるので非常に需要があります。

車の査定初心者10

110万もらうより、108万+売却した方がお金をもらえるなら私もそうしますね。

車の査定ガイド1

保険会社としては、契約者様が修理したいと言えば、「分かりました。では残存価値を引いた分のお支払いになります」としか言えません。後は、もう契約者様のご自由にというのが保険会社のスタンスです。

車の査定初心者6

支払い後に車を売却したとしても、「修理工場からやっぱり買い替えした方がいいといわれたので、車を売らざるをえなかった」と言われれば、それまでですからね。

車の査定ガイド11

ですから車が全損してしまった場合、一度、事故車専門の買取一括査定を使ってどのぐらいで売れるかを調べてみるのも一つかもしれません。

カービュー事故車買取

カービュー事故車買取は廃車・不動車・水没車も査定可能

車の査定ならカービュー

  • 信用、知名度抜群!信頼性あり
  • 事故車だけでなく廃車・不動車・水没車も査定可能
  • 全国各地で提携店があるから安心
  • 無料で買取業者が来てくれて査定してくれる

カービューではカービュー事故車買取専用のページが用意されているため、そちらから申し込めば、事故を起こしたと分かった上で査定をおこなってもらえます。

それに加えて、カービュー事故車買取のページでは廃車や不動車や水没車まで査定を頼むことができるので、それらに当てはまるものを所有しているなら心強いサイトとなるでしょう。

車の査定ガイド1

みんカラを運営している会社なだけあって、知名度は抜群!利用実績400万人と、国内では一番利用されている事故車一括買取査定サイトでしょう。

【無料】カービュー『事故車専用』簡単ネット査定はこちら

TOP⇒車の査定 | 中古車査定で愛車を簡単にどこよりも高く売る方法