事故車は廃車か修理かどちらがおすすめなのかわかりやすく説明しています。事故で廃車か修理か悩んだ時は、廃車か修理かどっちがお得?判断基準と保険使用まとめ。

事故 廃車 修理

【交通事故】車は廃車か修理か【どっちがお得?】

車を運転する限り、事故を起こす可能性は誰にでもあります。気の緩みからガードレールにぶつけたり、衝突事故を起こしたりすることは珍しくありません。

また、追突されてしまったなど、自分の不注意でない事故は防ぎようがありません。

事故で廃車か修理か悩んだ時は

車の査定初心者9

では、こんな風に事故を起こしてしまったり、もらい事故にあってしまった車はどうしたらいいのでしょうか。

車の査定ガイド11

事故の時、廃車か修理か悩みますよね、今回は廃車して買い替えるのと修理して乗り続けるのはどちらが得なのか考えてみましょう。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、事故車は特にチェック!

\詳しくは以下のページにて説明しています/車の査定

事故車は修理か、廃車するかの判断はどうする?

事故車をどう扱うか、まずは基礎知識です。

修理か廃車かの重要な判断材料になるので、おさえておきましょう。

事故にあった、もしくは起こしてしまった車を事故車と呼びます。

車体が曲がるほどの大事故だった場合、車は事故車として扱われます。当然そのままでは乗れないので、廃車にして買い替えるか、それとも修理かの判断を迫られることになります。

車の査定ガイド11

ここで重要なのが、事故をおこした車が修理歴車になるのか。まずはこれを知っているかどうかが、廃車か修理か決断するための、第一歩になります。

修復歴車とは

車の重要なパーツを損傷し修理を行った車のことを修復歴車と呼びます。

一般財団法人 日本自動車査定協会(JAAI)が定めた事故車の定義というものがあるのですが、あなたの車が事故車か、そうでないのか?

この「フレーム部分の損傷かどうか」をまず確かめて、判断しましょう。

事故 廃車か修理か 事故車買取査定の基準

引用:日本自動車査定協会

車体の損傷が大きい場合は、直しても修理歴車扱いになり価値が大きく下がる可能性があります。

中古車査定整備士2

逆に事故車であっても車体へのダメージが少なく、骨格部位のパーツを修理・交換しなければ修理歴車にはなりません。

もし、フレーム部分を損傷してしまい廃車かと考えてディーラーや車販売業者の下取り査定に出しても、0円か、処分費をとられる可能性がとても高いです。

また、車のフレーム修理するかと考えて持ち込んでも修理代が数十万円はかかります。

車の査定ガイド11

この場合はディーラーに持ち込むのではなく、廃車専門の買取業者に処分をお願いして売却してしまいましょう。

その方が部品代や還元金としてお金が手元に残る可能性が高いです。

事故車は廃車か修理かどっちが良い?

車の査定ガイド11

修理歴車の事が分かったところで、事故車を廃車か修理かは、事故によって損傷した程度によります。

事故車を売る

自動車保険会社の修理費用がどこまで出るかがポイント

車の骨格に影響のない程度、つまり修復歴車にならない程度の損傷ならば、将来その車を下取りに出すときにあまり価格に影響しないので、保険会社から出る保険金で修理代がまかなえるなら修理しましょう。

愛着がある車やまだまだ新しい車ならば修理して乗る、乗りつぶすという選択肢もありますが、そうでもない場合は廃車も視野にいれる必要があります。

修理費用に必要な保険費用は車の時価までしか支払われない

任意保険で車両保険に加入していると修理代を貰えますが、最大でも車の時価までしか保険金はおりません。

つまり修理費用によっては自己負担が発生してしまうのです。

車の査定ガイド11

これは衝突事故に巻き込まれてしまった場合も同様で、仮に10対0で相手が悪いとしても、相手の保険から貰える保険金の上限は車の時価になります。

例えば修理代が50万円だとしても、車の市場価値が40万円しかなければ、差額の10万円は自己負担となります。

これが分かった段階で、修理か廃車か検討の余地がでてくると思います。

自分の車両保険を使う場合は等級が下がるかどうかも確認が必要

もらい事故で修理費用が満額出るのであれば、修理して乗り続けてもいいでしょう。

車の査定ガイド11

ただし注意すべきなのは車両保険で全損扱いされると所有権が保険会社に移転する場合があること。

保険会社に事故車の所有権が移転すると、車を自由に処分することができなくなります。

更に全損相当でも受け取った保険金で修理して乗るということが特約をつけないかぎりできません。

もし事故車専門や廃車専門の買取業者への売却を自分でしたいのならば、受け取る保険金額が相殺される可能性もあるので保険会社に相談しましょう。

その上で事故にあってしまった場合、可能であれば複数の業者から修理の見積を取り、それから廃車か修理かを考えましょう。

古い車の場合は、価値が低いために全損扱いになりやすく、自分が思うように処分することができなくなることがあるので、自分が入っている自動車保険会社の保険内容を確認してくださいね。

【廃車か修理か】事故車を修理して乗る場合の注意点

車の査定ガイド1

事故の程度が比較的軽く、かつ車の年式がそれほど古くなければ、事故車を修理して乗ることができます。

あるいは、全損修理時特約(保険会社によって名称は違います)をつけていれば、全損相当でも修理代の全部または一部が降りることがあります。

ただ事故車を修理して乗る際、骨格部分の修理が必要な場合は修復歴車になってしまい、その車を下取りして車に買い換えるときに価値が下がってしまいます。

中古車査定整備士3

それだけでなく、修復歴車になった場合はある程度事故による損傷が残っていることがあり、乗り続けていくうちに見えない損傷が現れてくる可能性も。。

ですから、事故車を修理して乗る場合は、下取りや買取りの際の価値が下がってしまうこと、また見えない損傷があるかもしれないということを念頭に置いて乗り続けることが必要です。

ドアやバンパーを交換する程度の軽い修理ですむ場合や、修復歴車になっても買い手がつくようなクラシックカーならば、事故車に乗り続けることも一つの選択だと思います。

保険金を廃車した後の買い換えの頭金にできる?

結論から言えば可能です。

保険会社の規約にもよるので確認は必要ですが、修理の見積をとってもらい、それを保険会社に提出して自分の口座に振り込んでもらうことによって、買い替え費用に回すことが出来ます。

車の査定ガイド11

しかし、見積書には消費税額が含まれていますが、実際に修理しない場合は消費税額を引いた額で振り込まれることだけは覚えておきましょう。

保険金は、あくまで「損害を補填するための現金」なのであって、修理の現物支給ではないのです。

車の査定初心者10

契約で修理しなければならないという条項がない限りは、受け取った保険金を買い換えに回すことは可能ということですね!

車の査定ガイド8

ただ、全損時修理特約をつけていた場合に、全損とみなされた車を修理するということで受け取る保険金は別。

この場合は、修理をしなければならないという条件が含まれているので、修理をするふりをして保険金だけ受け取るというのはできません。この辺りを注意しておきましょう。

事故車の廃車手続きの種類について

事故車の廃車手続きには、廃棄(解体)を行う場合と、再使用(売買など)を行う場合で、手続きの種類が下記の3つに分かれています。

  • 永久抹消登録:解体を済ませている場合。(災害による場合も含む)
  • 一時抹消登録:一時的に使用を中止する場合。(盗難による場合も含む)
  • 輸出抹消仮登録:自動車を輸出する場合。

一般的に「廃車」といった場合は、「永久抹消登録」を指すことが多いです。

永久抹消登録を行うには、災害等で自動車が使えない状態になってしまった以外は、自動車の解体が完了している必要があります。

車の査定ガイド11

月末や年度末が迫っていて、1日でも早く抹消登録を完了したい場合は、解体前に「一時抹消登録」を行いますが、この場合も、後日あらためて「永久抹消登録」を行う必要があります。

事故車の廃車手続きに必要なものと流れ

事故車の廃車にあたっては、「自分で廃車の手配をする場合」と「廃車業者に任せる場合」の大きく分けて2つの方法があります。

車を売る流れ

それぞれの場合の廃車までの流れを見てみましょう。

事故車の廃車手続きに必要なもの

自分で廃車手続きを行う場合
  • 印鑑証明(発行から3か月以内のもの)
  • 実印
  • 車検証
  • 車のナンバープレート(前後の2枚とも)
  • 永久抹消登録申請書(陸運支局で入手できます)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き※
  • 手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付)
  • 自動車税・自動車取得税申告書 (地域によっては不要)
所有者の代理で行く場合に必要なもの
  • 所有者の印鑑証明
  • 所有者の実印捺印済みの委任状※1 ※1永久抹消に掛かる委任状(国土交通省のウェブサイトよりひな形がPDFでダウンロードできます)

「移動報告番号」「解体報告記録がなされた日」のメモ書きは解体業者やスクラップ業者で車体を解体した時に入手できます。

解体業者に依頼する場合
  • 自動車車検証
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 委任状(業者で用意)
  • 譲渡証明書(業者で用意)

車種や自動車の登録状況、業者によって必要となる書類は違いますが、大体このような書類を用意する必要があります。

車の査定ガイド11

陸運支局によって多少必要書類が違う場合があるので、手続きをする前に最寄りの陸運支局に確認してから行くようにしましょう。

事故車の廃車手続きの流れ

  1. 事故を起こしたクルマの車検証と自賠責保険証、解体届(永久抹消登録のみ)を用意します。
  2. 運輸支局にて抹消登録申請書と手数料納付書をもらいます。
  3. ナンバープレートを返却します。
  4. 上記書類一式を窓口に提出して抹消登録証明書をもらいます。

ここで廃車手続きは完了です。

事故車の廃車手続きが完了したら、運輸支局と同じ敷地内にある自動車税事務所で自動車税の抹消を申告します。流れ作業なので心配いりません。

自動車税や自賠責保険の費用はどうなるの?

加入している保険会社にできるだけはやく連絡して自賠責保険を解約しましょう!

自賠責保険の有効期限が残っていれば、保険料を返してもらうことができます。その他、廃車手続き時に車検が1か月以上残っている場合には、重量税の還付を受けることが出来ます。

車の査定ガイド11

また、毎年5月ごろに払う自動車税も前払いなので、廃車月の翌月から翌年3月までの既に納付した分の自動車税が月割りで戻ってきますよ。

事故車の廃車手続きの費用

さて、必要書類や自動車廃車手続きの流れが分かったところで、事故車を修理でなく廃車にする際、手続きは車種によって違いはあるのか?

車を売る注意点

車の査定初心者6

乗っている車で廃車手続きの時に費用が変わるの?

車の査定ガイド11

例えば、普通自動車、軽自動車、トラック、トレーラー、バスなど車種で金額が変わるのか見ていきましょう。

事故車が普通乗用車だった時の廃車費用の相場(用紙代)

事故を起こした時などの普通車の廃車費用についてですが

抹消登録手続きにかかる料金費用

  • 申請用紙代が100円程度
  • 抹消登録手数料が350円

合計450円程度となります。

車の査定ガイド11

これは自分で廃車手続きをする場合も必ずかかる料金費用なので覚えておきましょう。

解体業者に支払う事故車の廃車費用の相場(解体費用)

一方、解体業者に支払う普通車の事故後などの解体費用については、まず自動車リサイクル法で定められたリサイクル費用が10,000円~18,000円程度かかります。

また解体費用が、解体する自動車の車種にもよりますが、だいたい10,000円から30,000円程度必要になります。

内訳費用
申請用紙代100円程度
登録抹消手数料350円程度
リサイクル費用10,000円~18,000円
解体費用10,000円~30,000円

合計で、おおよそ20,000円~50,000円程度が【廃車費用の相場】となります。

※ただし、リサイクル券がある場合は、リサイクル費用はリサイクル券で払うので、現金払いとなるのは解体費用のみとなります。

事故車が軽乗用車だった時の廃車費用の相場

車の査定ガイド11

軽自動車検査協会に対する手続きである解体返戻の手数料は無料なので、この手続きには、特別な費用はかかりません。

ただし、解体業者に軽自動車の解体を依頼する場合には、それなりの費用が発生します。

解体業者に支払う軽乗用車の廃車費用の相場(解体費用)

車の査定初心者5

軽自動車の解体業者に支払う費用として、おおよそこれだけかかるんですね!

  • リサイクル料金:6,000円~10,000円程度
  • 解体費用:6,000円~10,000円程度

合計:15,000円~30,000円程度

なお、この他、廃車しようとする軽自動車が自走可能である場合には原則不要ですが、自走不可能である場合には、自宅から解体場所までの軽自動車の運搬費用が発生します。

車の査定ガイド11

自分で車廃車手続きをしようと思えば、料金は殆ど掛かりません。では、何が掛かるのかというと、そうです。手間と時間です。

事故車の廃車をディーラーに頼む場合

もし、あなたが事故車を廃車にして新しい車を購入することを検討しているのであれば、新しい車の購入を相談しているディーラーに依頼してみるのも良いかもしれません。

ただしディーラーに事故車の廃車をお願いするには1つだけ注意点があります。

ディーラーに車を売るデメリット

車の査定ガイド11

それは、ここまで事故車の廃車費用の相場を見てきましたが、廃車にするにはいくらぐらいかかるという費用の決まりがないということ。

つまり、廃車を頼む場所(業者)ごとにかなり差があるのが現状。

ディーラーでの平均的な相場だと2万円程度、中には5万円程度請求されたなんて話もあるので、正確にこのくらいというのはありません。

事故車の廃車費用の相場を知らず8割が損をしている!?

「廃車したいけど、どうしていいかわからない」

「専門用語が多くて困る…」

「結局いくらかかるのか、よくわからない」

廃車したいと思っても、わからないことや難しいことが多くて、こんな風に困ってしまいませんか?

廃車費用の相場 Q&A

車の査定初心者4

確かに自分の車が事故を起こした時に廃車費用の相場が分からないから適当に済ませちゃいますよね。。

車の査定ガイド8

実は「得をする」廃車方法を知っている人は、多くありません。ほとんどの人が「損をする」廃車をしてしまっているのが実情なんです。

事故車を廃車する方法がもう一つあることをご存じでしょうか。それは、事故を起こしたクルマを廃車買取業者に依頼をすることです。

事故車は廃車専門の買取業者に頼むべし。

廃車買取業者には、事故車の部品を売却するなどの独自のルートを持っていることが多く、事故車でも多くの場合、プラスの査定が発生します。

プラスの査定というのは、廃車にかかる手続きと費用を全て廃車買取業者が負担し、税金や保険の返金手続きを廃車買取業者に代行して貰った上に、さらに事故車の買い取り費用を受け取ることができるということです。

中古車査定整備士2

査定が付かない場合でも、廃車にかかる費用や手続きを全て代行してくれることがほとんど、廃車買取業者はあまり知られていないかもしれませんが、事故車などで仕方なく廃車にする場合や、緊急で急いで廃車にしなければならない場合には、とても便利で頼りになる存在だと言えます。

事故車も廃車買取業者に相談

このように、事故などによって、車の買取業者に出しても値段が付かず、車を廃車にしなければならない場合には、廃車買取業者に依頼してみることをおすすめします。

廃車費用の相場 専門業者

間違っても自分だけで事故車の廃車手続きをしようと思ってはいけません。手間もかかり、費用もばかにならないからです。お金と手間を使って自分で廃車手続きを行うメリットは全くありません。

車の査定ガイド11

もし、車の買い替えでディーラーなどに廃車の手続きを依頼する場合にも注意が必要です。ディラーや販売店でも廃車の手続きを引き受けてくれると思いますが、廃車に関わる費用を請求される可能性があるからです。

もし、無料でやってくれたとしたら、その分新しい車の値引きが減っているかもしれません。

結論として、ど事故車を廃車にするのであれば廃車買取業者に連絡してみることがおすすめです

車の引き取りから、廃車手続き、車の処分、還付金の手続きを含めて全て無料で一括で引き受けてくれるだけでなく、もしかするとあなたの車にいくらかの査定額がつき、お金を受け取ることができるかもしれないのですから。

事故の場合お得なのは廃車か修理か(まとめ)

車の査定ガイド11

事故車を廃車か修理か考えるのは、なかなか判断が難しいことです。一番考えなければならないのは、自分がかけている自動車保険、相手がある事故ならば相手の保険のことも考えなければならないということ。

基本的には、

年式が比較的新しく、軽微な損傷修理もあり

修復歴車になってしまう場合自分で廃車か廃車・事故車専門の買取業者に売却

年式が古すぎて修理代が時価を大きく上回る場合廃車か廃車・事故車専門の買取業者に売却

修復歴車になるほどの事故車を修理して乗る場合は、その車を下取りに出したい場合に価値が下がってしまうことを覚悟して乗る必要があります。

また、見えない車両のゆがみなどが出てくることもあるでしょう。

年式が新しく、全損になるほどでもないので骨格部分を直せば乗れる、けれども修復歴車に乗るのは嫌なので買い換えたい!

そういう場合は修理代を口座に振り込んでもらって、買い替えの頭金にできることができます。

車の査定初心者10

自分の保険の契約内容をよく確認して、事故車を修理か廃車か、慎重に検討してくださいね!

事故車は廃車か修理か?あなたの愛車に値段はつきます!

カーセンサーnet

入力わずか3分。メール査定ok!最大規模の車一括査定!

車の査定ならカーセンサー

  • No.1の全国展開数!!
  • 大手業者から地元の中小業者まで!
  • 輸入車、事故車OK!
  • メール査定OKの車買取業者も選べる!

リクルート運営の車買取査定サイト「カーセンサーnet」は、入力わずか3分で最大30社の車買取業者に車の査定を依頼することが可能。

地元の小さい車買取業者から、大手の業者まで自分が依頼したい業者のみにお願いできます。

車の査定ガイド11

事故車や輸入車でも専門の買取業者を選べるので、とりあえず車を売るのが初めてという方や、大手が安心という方にはカーセンサーがおすすめ。

【無料】カーセンサーnetの簡単ネット査定はこちら

カービュー事故車買取

カービュー事故車買取は廃車・不動車・水没車も査定可能

車の査定ならカービュー

  • 信用、知名度抜群!信頼性あり
  • 事故車だけでなく廃車・不動車・水没車も査定可能
  • 全国各地で提携店があるから安心
  • 無料で買取業者が来てくれて査定してくれる

カービューではカービュー事故車買取専用のページが用意されているため、そちらから申し込めば、事故を起こしたと分かった上で査定をおこなってもらえます。

それに加えて、カービュー事故車買取のページでは廃車や不動車や水没車まで査定を頼むことができるので、それらに当てはまるものを所有しているなら心強いサイトとなるでしょう。

車の査定ガイド1

みんカラを運営している会社なだけあって、知名度は抜群!利用実績400万人と、国内では一番利用されている事故車一括買取査定サイトでしょう。

【無料】カービュー『事故車専用』簡単ネット査定はこちら