事故車の定義とは?事故車には買取査定に響くケースと、査定に響かないケースがあります。事故車の定義に該当するのはどこなのか、バンパー交換は事故車になるのか等、この記事では事故車の定義をまとめています。

事故車 定義

事故車の定義とは

車の査定初心者6

事故車の定義ってどれのことを指すのでしょうか?

「事故車」という言葉を聞いたことがある方の中には、言葉通りに「事故を起こした車」という認識をされている方もいるかもしれません。

車の査定ガイド11

しかし、実際のところ「事故車」という言葉は、車業界では「修復歴車」を指すものとして使われています。

安易に「事故車=修復歴車」と説明することがありますが、車の査定で重要になる「修復歴車」とは、「事故に遭ったことがある車」のことではありません。

正しい事故車の定義や注意すべきポイントを知らなければ、思わぬところで「実は修復歴車ではないのに安く買い叩かれてしまっていた」と愛車の買い替えで思わね痛手を食らうことも。

車の査定ガイド11

そこで今回の記事では、事故車の正しい定義とデメリット、具体的な事故車の見分け方をご紹介します。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、事故車は特にチェック!

\詳しくは以下のページにて説明しています/車の査定

事故車の定義はここで決まる

事故車の定義とは、自動車公正取引協議会日本自動車査定協会日本中古車販売協会連合会が定めた規約で、事故車、あるいは修復車と表示することを義務づけています。

規約によると、事故車は、単に交通事故を起こした車を指すのではなく、事故、あるいはその他の要因で自動車の骨格部分にあたるフレーム損傷させ、損傷部を交換または修理した経歴のある車のことをいいます。

車の査定ガイド11

分かりやすくまとめると、下記の個所を損傷し、交換すると事故車扱いとなります。

事故車の定義に該当する箇所

事故車の定義に該当する箇所は以下の9か所となります。

事故車買取査定の基準

  1. フレーム
  2. フロントクロスメンバー
  3. フロントインサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. ルームフロアパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ラジエータコアサポート

1から8までは骨格部分に損傷があるもの、または修復されているものが修復歴となります。ただし、ねじ止め部分は骨格には含まれません。

また、9はラジエータコアサポートが交換され、さらに隣接する骨格部分に凹み、曲がり、またはその修理跡があるものが修復歴となります。

事故車の定義から外れる部分

車の査定ガイド11

事故車の定義から外れる部分は以下の通り。

  • フロントバンパー
  • ロアスカート
  • フロントフェンダー
  • ボンネット
  • リアフェンダー
  • トランクリッド
  • リアバンパー
  • サイドシルパネル
  • ドア etc..
中古車査定整備士2

それ以外のフェンダーやバンパー、ボンネット、さらにドアなどが損傷し、それを修復したとしても、これらの箇所は事故車の定義から外れるので、事故車とはみなされません。もちろん、しっかりと修理が施されていれば査定に影響することはあまりありません。

事故車の定義に該当したら~事故車のデメリット~

事故車の定義に該当するもの=車の骨格部分にダメージを負っているだけに、売却する場合も、買う場合も値段はかなり低く見積もられます。

確かに今の板金術をはじめとする修復技術はかなりの高レベルですから、板金を施せば素人目にはとても事故車と判別できないことも多いです。

中古車査定整備士3

しかし、しばらくそのままに乗っていると、きしみが出たりヘタリが出たり、あるいは異音を発することが少なくありません。

ですから事故車の定義に当てはまってしまうと厳しく事故車として区分されるのです。

事故車の定義に当てはまったらどれくらい価値が下がる?

事故車の定義に自分の愛車が該当してしまった。

事故 廃車 修理

車の査定ガイド11

そんな時に愛車を査定してもらう際、事故車と申告する義務があります。ですので、その旨は明確に示さなければなりません。

車の査定初心者6

でも、どのような事故を起こしたかは説明できるでしょうが、どのように修復したかなどは、素人には分からないですよね?

車の査定ガイド11

分からないことは分からないでかまいません。むしろ、不要なことを言い過ぎると疑念を持たれたり、査定を引き下げる要因ともあったりするので注意しましょう。

見た目もほとんど遜色なく、不具合もなかったのに事故車の定義に該当してしまうと、同じレベルの中古車より30〜40万円ほど査定額が低くなるといわれています。

知らない間に事故車になっているかも?

事故車といっても車同士の衝突、ガードレールへの激突、横転といった交通事故に起因するとは限りません。

たとえば、異常気象で大雨に見舞われたりすると、道路のアンダーパスに水がたまり、車が水没、そんなニュースを目にすることがありますよね。

車の査定ガイド11

この冠水車(水没車)も事故車の定義に該当しますし、雹でダメージを受けた雹害車、沿岸地域で見られる塩害車、工業地帯で散見される鉄粉被害車、さらには火災車というのも事故車の定義に当てはまります。

工業地帯や火山、沿岸部の地域に車を置いたら何年で事故車というのは決められませんし、鉄粉や降灰、塩でサビが発生したから、即、事故車となるわけではありません。

サビが蓄積して修理するのが不可能となった時点で事故車扱いとなるのです。

ですから、沿岸地方で知らず知らずにダメージを受けた塩害車や工業地帯に多く見受けられる鉄粉被害車などは、オーナー自身が気づかないうちに事故車の定義に該当していたというケースも実は少なくないのです。

事故車の定義に当てはまる車を修理するか売却するか判断するポイント

事故車の定義に当てはまってしまった。これが交通事故に遭った場合であれば、「保険を使用するかどうか」を悩む方は多いでしょう。

事故車 買い替え

車の査定ガイド11

万が一の事故に備えて保険料を支払っているわけですが、実は車の修理には保険適応した方が良いケースと悪いケースがあります。

その為、事故発生時の修理は保険適応範囲や以後の保険料を加味して判断しましょう。

保険を使った方が良いケース
  • 既に等級が高く、適応後の保険料増額よりも修理代の方が高い場合
  • 保険適応範囲内の修理の場合
保険を使わない方が良いケース
  • 保険加入から日が浅く、等級ダウンによって保険料の増額の度合いが大きい場合
  • 修理箇所が小さく、自腹で支払っても問題ない場合
  • 古い車に乗っており、保険金が修理代金に満たない場合

保険を使用するかどうかは、次年度以降の保険料の増額や保険適応範囲を見て判断することが必要です。

また、自動車保険が支払われるからといって、必ずしも修理しなくてはいけないわけではありません。
修理せずにそのまま売却したとしても、自動車保険から保険料は支払われます。

保険未加入や保険適応外の故障個所は修理した場合の売却額にて判断すべし

事故車の定義に当てはまっていた場合、修理して乗り続ける場合と、修理せずに売却する場合、どちらにもメリットとデメリットがあります。

事故車を売る

事故車を修理して乗り続ける場合

事故車の定義に該当する車を修理して乗り続けるメリット

  • 気に入っている車に乗り続けることができる

事故車の定義に該当する車を修理して乗り続けるデメリット

  • 保険を使う、使わないに限らず翌年度以降の保険料の増額や修理代などの高額出費が生まれる
  • 骨格部分などにダメージを受けた場合、安全性に対する不安が生じる
事故車を売却する場合

事故車の定義に該当する車を売却するメリット

  • そのまま売却することで、翌年度以降の保険料の増額や修理代などの出費が不要
  • 保険を使用した場合、保険代に値する現金が手に入るため、新車購入の頭金にできる

事故車の定義に該当する車を売却するデメリット

  • 気に入っている車を、手放さなければいけない
  • 事故箇所にもよるが、通常の買取・査定額よりも減額となる可能性大

実は事故車、故障車、不動車(動かなくなってしまった車)であっても、修理をせずに買取・査定してもらうことは可能です。

事故車だとしても、無料引き取りしかできないということはありません。むしろ、パーツや部品にも価値はあるため、値段がつく可能性は高いのです。

そのため、売却する場合は、修理代と修理しない場合の買取・査定額を比較した上で、どうするかを決めましょう。

事故車の定義に該当するなら下取りより買取がベスト

事故車の定義に該当してしまった場合、実際には保険適応がある場合でも修理せずに売却する人の方が多いです。特に保険未加入や適応外の場合は、そのまま売却するケースが多いそう。

車の査定ガイド11

ただし、事故車の定義に該当するならこの時、絶対に下取りではなく買取を選択してください。というのも、事故車、特に事故を起こした車はディーラーの下取りで値段がつかず、タダ同然で引き取られるケースが少なくないのです。

最悪の場合は処分費や廃車費用を請求されて車を手放すのにお金を請求される事もあります。

「事故を起こした車なんて欲しがる人はいない」私たち車ユーザーも心の底でそう思っている部分があるので渋々納得して契約してしまいますが、でも、ちょっと待ってください。

例え事故を起こした車だとしても価値が全くないということはありません。実際には事故車でも買い取らせて欲しいと手を上げている事故車専門の業者が存在します。

それは事故車、走行距離が10万キロを超えた多走車、10年以上経った低年式車でも同じです。下取りでは「値段が付かない」と言われた車でも買取ならお金に変わります。

実際にディーラーで0円と査定され、廃車費用まで請求された事故車が、買取査定で10万以上の値がついた例はたくさんあるのです。

事故車の定義に該当するなら必ず複数に査定依頼すること

車の査定ガイド11

下取りより買取がベストと言っても買取業者ならどこでもいい訳ではありません。買取業者といっても多くの会社が存在しそれぞれ得意不得意があります。

事故車の定義に当てはまる車は必ず複数のお店に買取査定をしてもらいましょう。

実際に10社買取査定をしてもらえば買い取り額は10パターン出てくるものです。その中でもっとも高い買取額のお店に買い取ってもらう事が事故車を高く売るコツです。

カービュー事故車買取

カービュー事故車買取は廃車・不動車・水没車も査定可能

車の査定ならカービュー

  • 信用、知名度抜群!信頼性あり
  • 事故車だけでなく廃車・不動車・水没車も査定可能
  • 全国各地で提携店があるから安心
  • 無料で買取業者が来てくれて査定してくれる

カービューではカービュー事故車買取専用のページが用意されているため、そちらから申し込めば、事故を起こしたと分かった上で査定をおこなってもらえます。

それに加えて、カービュー事故車買取のページでは廃車や不動車や水没車まで査定を頼むことができるので、それらに当てはまるものを所有しているなら心強いサイトとなるでしょう。

車の査定ガイド1

みんカラを運営している会社なだけあって、知名度は抜群!利用実績400万人と、国内では一番利用されている事故車一括買取査定サイトでしょう。

【無料】カービュー『事故車専用』簡単ネット査定はこちら

TOP⇒車の査定 | 中古車査定で愛車を簡単にどこよりも高く売る方法