車 査定 高額

車の査定で高額を叩き出すポイントについてわかりやすく説明しています。車売る時に、せっかくだから今まで乗っていた愛車高額査定してほしい。でも、車売るなら少しでも高額にするにはどうしたらいいのでしょうか?今回は一括査定業者(買取業者)に高額査定してもらう方法と買取相場について考えていきます。

車の査定で高額を叩き出すポイント【※素人でも高額査定を実現】

車の高額査定を引き出す方法とは

車を売るということはさまざまな事情があると思います。

  • 車の調子が悪く故障が増えてきた
  • そろそろ車検の時期が来るので
  • 今の車の燃費が悪い
  • 家族が増える予定なので
  • 転勤、引越先で車をあまり使わなくなる

そこで、たいていの人が車売る時に、せっかくだから今まで乗っていた愛車を少しでも高く売ることを目指しているのではないでしょうか。

車の査定ガイド11

でも、車売る時に高額査定にするにはどうしたらいいのでしょうか?

今回はこの情報について考えていきたいと思います。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

高額査定になりやすい人気車種とは?

車 査定 高額1

まず、クルマの査定額は車種によって大きく変わります。

車の査定初心者6

下取りや買取りでは、どのような車種が高額で取引されるのでしょうか

車の査定で高額になりやすい中古車の特徴

車種とは、クルマの構造や大きさの分類のことで、セダン・ステーションワゴン・ミニバン・SUV・ハッチバッグ・クーペ&オープン・軽自動車・輸入車などの種類があります。

セダン

セダンの中でも上級のセダンは、ボディーカラーによる査定額の差が大きくなります。

車の査定ガイド11

人気カラーは黒や白で、他のカラーと比べて50万円以上の差がつくこともあるので注意が必要です。

また、サンルーフを装備しているセダンは他のボディータイプに比べて査定が高くなる傾向があります。

ステーションワゴン

ステーションワゴンのようなアウトドア志向の強いモデルは、2WDに比べて4WDの査定が高い傾向があります。

また、排気量が大きなNAエンジンに比べて、排気量の小さいターボエンジンの方が人気です。

ミニバン

高級ミニバンは、ボディーカラーによって査定額が大きく変わります。

人気の色は黒や白で、中古車でも高額で取引されます。

また、人気メーカーのエアロパーツやアルミホイールなどを装備している場合は、査定アップが見込めます。スッキリとシンプルなデザインの場合はさらに高額査定が見込めます。

SUV

大型SUVも、ボディーカラーによって査定額が大きく左右します。

SUVには2WDと4WDがあり、アウトドア志向が強い層がターゲットとなるので、より馬力のある4WDの方が高額査定になりやすいです。

車の査定ガイド11

ホイールをインチアップしているクルマもありますが、極端な大径ホイールではなく、一般的なサイズの方が査定は高くなります。

ハッチバック

ハッチバックは、他の車種とは異なり、ボディーカラーによる査定額の差があまり生まれません。

営業車というイメージが強いためか、白などの人気カラーであっても査定額は伸び悩む傾向がみられます。

クーペ&オープン

シンプルですっきりとしたタイプのものが人気です。過度なドレスアップ、チューニングは、逆にマイナス査定になってしまいます。

また、車検対応でないものは、大幅なマイナス査定になる可能性があるので注意が必要です。

軽自動車

ハッチバックと同様に、ボディーカラーで査定額に差があまり現れないのが軽自動車の特徴です。

タイプはNAよりもパワーがあり停車時からの加速に優れたターボ車の方が高額査定になる傾向にあります。

輸入車

国産車の場合は黒や白などのボディーカラーが高額査定なのに対して、輸入車の場合はそのブランドのイメージカラーの人気が高くなります。

また、ブランド自体の人気も査定額を大きく左右します。例えば、昔からドイツのメーカーは日本人に人気で、査定でもプラスに評価されます。

車の査定で高額になりやすい中古車(まとめ)

このように車を購入する人の目的や趣味はバラバラです。

そのため、特定の車種だけが高値で取引されているとは一概にいえません。

クルマの状態によって高値で取引されるものもあれば、そうでないものもあるのです。

車の査定初心者6

とはいえ、今まで大事に乗ってきたクルマだからこそ、高く買い取ってもらいたいと思うのが当然ですよね。

車の査定ガイド11

しかし、全体の8割以上の人が、実際の相場よりもずっと安い金額で手放しているのが現状なのです。

では、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

それは、クルマを売る側が相場価格を知らないからです。

愛車が高額査定になりにくい理由とは

車 査定 高額 なりにくい

買取価格や買取相場が決まる基準

クルマを売る際、多くの人はディーラーにそのまま下取りに出すか、もしくは自宅近くのガリバーやアップルなどの大手車買取店に持っていきます。

そこで査定を受け、店のスタッフに価格を告げられ、「えっ?こんなに安いの?」と驚き落胆しながらも・・・ほかに取る術が見つからず、そのままクルマを手放してしまうのです。

優秀なスタッフであれば、あの手この手を使って、より安く買い取ろうと交渉を仕掛けてきます。

車の査定初心者6

会社に利益を残せば、そのぶん毎月の給料にも反映されてくる訳ですから、当然ですよね。

そして、あなたが自分のクルマの相場すら理解していなければ、何も言い返すことなど出来ません。

そのまま、相手に言われるがままの金額で売却してしまうのです。

車の査定ガイド11

そんな失敗をしないためにも、まずは複数の買取業者で査定見積をとり、クルマのおよその相場感を把握しておくことが大切です。

相場よりも高額査定になりやすい買取業者一覧

全国規模の中古車買取店

大型の展示場があるなど、販売力がある中古車販売店では、店舗で売れる見込みの高い中古車(人気車種で状態の良い車)を高く買取します。販売力の高さが高価買取を可能にします。

大手の中古車買取専門店

月間で約2万台を買取する大手の買取専門店では、とにかく沢山の車をオークションに出品し回転数を上げることで利益を上げています。

豊富な買取実績と資金力を武器にした高価買取が特徴です。

輸出専門業者

オークションや店舗での販売以外に、海外輸出など独自の販路をもつ買取業者も数多く存在しています。国内で不人気の車種や、価値がほぼ0の車でも高価買取出来るのが強みです。

特定の車種に特化した専門店

オートオークションで流通しない希少車(旧車、改造車など)の買取価格が安過ぎることは良くあります。

専門店なら日頃のメンテナンスやチューニング、車両の状態もプラス評価します。

車の査定ガイド11

どのような業者でも当然”売れない場合のリスク”も考慮した査定をするため、オークションに出品しても利益が出る計算で買取をするという点は変わりません。

回転の早い人気車種であったり、すでにその車を探しているお客さんがいたり、買取業者のニーズにマッチした場合にのみ、他には出来ない高額車査定・高額買取が可能になるのです。

車の査定初心者10

例えば、”春先で軽自動車がよく売れるという時期に、軽自動車を高価買取している販売店で査定をすれば高く買取ってもらえるチャンスがグッと高まる”わけですね!

つまり、どこに売るかだけでなく、いつ売るかというタイミングも重要。

この高額買取に必須の2つの条件を同時に満たす方法が車の一括査定サービスです。

中古車の査定で高額で売れる一括査定の仕組みとは

車 査定 高額 一括査定

いざ車を査定に出すとなっても、地元のどこで査定すれば良いのかわからないという人は多いと思います。

クルマを売る上で、高額査定はとても重要ですが、買取専門店ばかりに偏っていては意味がありません。

車の査定ガイド11

一括査定サービスは、上記で紹介した全国の買取業者が数百社規模で参加しており、一回の申し込みで複数の会社への査定依頼が可能になっています。

また、中古車の販売に強い会社や、海外輸出がメインの会社など、それぞれに違った強みを持った会社も多数参加しているので、ミニバン、軽自動車、高級車、輸入車、改造車、過走行車など、どんな車でも高価買取のチャンスがあります。

競争することを承知で最高値を提示するサービスになっているので、面倒な交渉もいらず、一発で一番高く買取ってくれる業者がわかるので、手間も費用も一切かけずに最高額で愛車が売却出来るのが人気の理由になっています。

一括査定=複数社から見積もりを取ることで高額な店舗が分かる

中古車や自動車の売却となると、中古車センターや自宅から近い車屋さんで査定してもらう事をイメージする人も多いかもしれません。

しかし、スマホが普及し、インターネットが一般的となった昨今では、わざわざ自分から出向かなくても、ネット上で一括で査定してくれるサイトなどが多数あり、こちらを利用するのがオススメです。

相見積は価格交渉や高額査定における最強の武器

車だけでなく、家の購入やリフォームなど、高額な売買契約が必要な場合には、契約の前に必ず見積が存在します。

その後、金額や条件面などに双方が合意して、初めて売買契約を結ぶことになりますが、その際、いわゆる「相見積」を取り、価格や条件などの交渉材料にするのが一般的です。

車の査定ガイド11

相見積を取るときのコツとしては、売却時期やこちらからの要望など、同一条件で見積を取ることと、相見積を取ることが前提であると先に伝えることです。

そうすることで、自然と競争意識が生まれ、本当にあなたの車を欲しいと思った業者からは、どこにも負けないような高額な査定額や条件を提示してもらいやすくなります。

逆に、あまり意欲のない業者からは、無駄な労力をかけないようにするため、好条件の見積が出てくることはなく、ユーザー側としても無駄な交渉を避けることができるのです。

今までこういったサイトを利用した事がない人からすると、「それほど買取査定に違いはでないでしょ・・・」と思うかもしれません。しかし実際に査定に出すと驚きの結果が出る事が良くあります。

例を出すと

査定した車A社B社C社
ホンダフィット/2009年/2.5万km55万円48万円65万円
トヨタアルファード/2002年/7万km33万円73万円42万円
ホンダオデッセイ/2004年/9万km15万円18万円32万円
BMWミニ/2009年/2万km233万円204万円189万円
日産エルグランド/2002年/10万km15万円21万円17万円

と言うような形で、業者によってかなり差が出る事があります。

基本的に買い取り業者は販売が得意な車、不得意な車があり、抱えている在庫の状況や販売経路によってここまでの差が生まれるからです。

車の査定ガイド11

このような理由から、一社に下取りや買取の見積もりを出すよりも複数から取る必要があり、その面倒な手間を全て省いてくれるのが、ネットの一括買い取り査定なのです。

また、こういった買取の相場は日々変動しますので、出来れば車の売却や購入が近くなってから一気に複数社から見積もりをお願いする事がオススメです。

具体的な希望買取額は言わないことが高額査定のコツ

複数者から見積もりを貰い、実際に買取専門店で査定を受ける場合、「いくらぐらいが希望ですか?」と聞かれることがあります。

しかしここで、希望額は伝えてはいけません。

あまりに高すぎる価格を言ってしまうと、売る気がないと思われてしまいますし、正直に答えてしまうと、その価格をベースに査定額を出されてしまい、限界の査定額を引き出しにくくなってしまいます。

車の査定ガイド1

そのため、もし聞かれたとしても「相場がわからないから高く買ってくれるところに売る」とだけ伝えるようにしましょう。

車の高額査定限界値の見極め方

「自分の車を査定してもらって、いくらで売れるのか分かったけれど、これが高額査定の限界値なのか不安」

車の査定ガイド11

このような場合、中古車の販売価格からおおよその売却価格を予想することが可能です。

買取店に買い取られた中古車は、一般的にはオークションに出品され、その後、中古車販売業者が落札し、新しいユーザーに販売されます。

一般的な中古車は、買取店の利益とコスト(オークション手数料含む)さらに販売店の利益とコストが上乗せされているのです。

そして中古車販売店の利益率は、平均すると車両本体価格の15%と言われているため、車両本体価格の85%掛けが、仕入れ値であり、オークション相場ということになります。

分かりやすく車両本体価格(税抜き)300万円で販売されている中古車を例に計算してみると、

  • 車両本体価格300万円×85%=255万円

となり、中古車販売店は255万円程度で仕入れていることがわかります。

さらに買取店では、オークション落札額の10%程度が利益と言われています。

車の査定ガイド7

つまり、オークション相場の90%掛けが、おおよその買取価格となります。

仕入れ値が255万円の場合、予想できる買取価格を計算してみると、

  • 販売店仕入れ値(オークション相場)255万円×90%=229.5万円

となり、車両本体価格300万円の車は、230万円程度で買取られているということを推測することが可能です。

車の査定初心者10

この計算方法を知っておくと、車の査定で高額なのかそれともまだ限界があるか分かりますね!

ただし、オークション相場が100万円以下の車は、買取店側の利益率は15%程度まで上がることがありますし、希少車や逆に不人気車などでは、それぞれの利益率は変化します。

売却しようとしている車と同条件の車を見つけ、車両本体価格(税抜き)の3割落ち程度が、買取価格の目安と考えておくと良いでしょう。

車の高額査定を引き出す方法(まとめ)

車 査定 高額 まとめ

車の高額査定に必要なコツとは、まず、自分の車の価値を把握し、その上で、相見積などで、より条件の良い見積もりを引き出すことです。

そのためには、ある程度の手間がかかることは覚悟しなければなりませんが、買取業者によって査定額に差が出るのはもちろん、下取りと買取では10万円以上の差が出ることも少なくありません。

車の査定ガイド7

一括査定などを上手に利用して、手間を少しでも減らしながら、高く売れる工夫をすることが大切ですね。

車の査定で高額を叩き出す!今の愛車の値段を知っておこう!

カーセンサーnet

入力わずか3分。メール査定ok!最大規模の車一括査定!

車の査定ならカーセンサー

  • No.1の全国展開数!!
  • 大手業者から地元の中小業者まで!
  • 輸入車、事故車OK!
  • メール査定OKの車買取業者も選べる!

リクルート運営の車買取査定サイト「カーセンサーnet」は、入力わずか3分で最大30社の車買取業者に車の査定を依頼することが可能。

地元の小さい車買取業者から、大手の業者まで自分が依頼したい業者のみにお願いできます。

車の査定ガイド11

事故車や輸入車でも専門の買取業者を選べるので、とりあえず車を売るのが初めてという方や、大手が安心という方にはカーセンサーがおすすめ。

【無料】カーセンサーnetの簡単ネット査定はこちら

車の査定ならここで決まり!