車の走行距離の目安について

車 走行距離 目安

車の価値は年式より走行距離が重要視される傾向がある

車を買い替える時期は人によってさまざまですが、年式と共に走行距離を1つの目安に考えている人は多いでしょう。

日本でよく言われるのが「10万km限界説」

車の査定初心者6

「車は10万km走って買い替えるのがベスト」という言葉をよく聞きますよね。

これは新車購入した車でも10万kmも走れば燃費や性能が落ちる上、車検などのメンテナンス費用がかさむため、買い替えるならこのタイミングで、という考え方です。

しかし、ドライブに適した平地の面積が広いアメリカやヨーロッパでは、20万km以上走った日本製の中古車が売られていることも少なくありません。

では、寿命まで乗りつぶさないで買い替える場合、どれくらいの車の走行距離を目安に買い替えるべきなのでしょうか?

車の査定ガイド11

乗り換えする目安やタイミングはそれぞれですが、この記事では走行距離から見た、一番お得に乗り替えられる時期についてまとめていきたいと思います。

最初の目安は車の走行距離が3万kmの時

車 走行距離 目安 3万キロ

車の買い替えとなる走行距離の最初の目安は、走行距離が3万㎞の時。

走行距離が3万㎞未満の中古車であれば、中古車市場で新車に非常に近い中古車とみなされるので、比較的高い値段で買い取ってもらえます。

しかし、走行距離が3万㎞を超えてしまうと、買取価格が急に下がることに。

新車購入から2年から3年で車を買い替える場合は、値段が急に下がる走行距離3万㎞となる前に、買取手続きを行いましょう。

車の査定ガイド11

ただし、走行距離が3万㎞未満の中古車の買取値が高いといっても、その値段は新車購入価格の半分程度となるのが通例なので、よほどの事情がない限りこの時期での車の買い替えは避けた方が無難です。

特に、自動車ローンで車を購入した場合に、あまり早く車を買い替えると、旧車と新車の二重ローンを抱えてしまい苦労することになるので、注意しなくてはなりません。

ローン途中で車を買い替える際はこちらの記事もチェック⇒(車をローン途中でも買い替える方法【※売りたいけど売れない?】

次の目安は車の走行距離が5万kmの時

車 走行距離 目安 5万キロ

走行距離が5万kmを越えるか越えないかで大きな違いが

次の目安として、中古車市場では走行距離3万㎞の次に、5万㎞の壁があると言われています。

車の査定ガイド11

つまり、全く同じ車種、型式、コンディションの車であっても、走行距離が46,000㎞の車と、51,000㎞の車では、たった5,000㎞の違いでも、後者の方が前者よりも大きく値段が下がる傾向があります。

走行距離が5万kmに近くなってきた頃に車の買い替えを検討する場合は、走行距離が5万km以上となる前に車の売却手続きを済ましてしまうのが得策です。

これは車両の状態の変化を反映したものではなく、売却するタイミングの相違に基づくものですから、売却のタイミングだけで数万円も値段が違ってくるとすれば、それを利用しない方法はありませんよ!

最後の走行距離の目安は10万㎞

車 走行距離 目安 10万キロ

メンテナンスすればまだまだ走るが車の価値はほぼ0

日本の中古車市場では、走行距離が10万㎞を超えた車には、あまり値段が付かないのが原則です。

日本の車は優秀なので、定期的に車検などのメンテナンスを適切に行えば、20万㎞~30万㎞は余裕で走行可能と言われています。

走行距離が10万㎞を超えた中古車に値段が付かなくなるのは日本だけで、海外では、20万万㎞を超えた車でも中古車市場で普通に取引されています。

車の査定初心者6

でも日本で走行距離が10万㎞を超えた車に値段が付かないのは何故なの?

車の査定ガイド11

その水準になると車が使えなくなるからではなく、大多数の人が車の寿命の目安は走行距離が10万㎞を超えるまでだ」と考えているからです。

車を高く売りたいなら目安として走行距離10万㎞を超える前に行う

車 走行距離 目安 高く売るには?

ですから、走行距離が10万㎞に近くなってきた時点で車の買い替えを検討する場合は、走行距離が10万㎞を超えないうちに、車の売却手続きを済ませてしまいましょう。

走行距離が10万㎞を超えない場合、数万円の査定額が付くという場合でも、走行距離が10万㎞を超えると、0円査定となるケースが日本では多くあります。

車の査定初心者9

ほんの少しの車の売却時期の違いとほんの少しの走行距離の違いが、数万円の査定額の相違となって返ってくるんですね。

売却のタイミングが少し遅くなっただけで、数万円の損失を被ることは非常にもったいないことです。

走行距離が10万㎞に近づいた車を売る場合は、目安として車の走行距離が10万㎞を超える前に売却しましょう。

走行距離が既に10万kmを越えている人は?

海外の輸出に強い中古車業者に査定依頼をすべし

中古車業界では5万kmを過ぎると多走行車と呼ばれ、10万kmを過ぎると過走行車と呼ばれます。

10万kmを超えてしまうと日本での買い手はつかなくなってしまいますが、海外では故障しにくい日本の車はやはり人気商品。

車の査定ガイド11

そういった事情で20万km以上を走っている日本車も海外にはあるので、今の車が既に10万kmを越えているのであれば、海外への販路を持っている中古車買取業者へ査定を依頼しましょう。

海外への販売経路のある買取業者なら、ある程度の買取価格が付くこともあります。

10万km越えの車を高く売る場合はこちらの記事もチェック⇒(10万キロ越えの中古車を高値で売る方法!買い替えで高く売れるの?

車を高く売りたいならどこで売るかも重要

車の査定初心者5

走行距離は査定においてとても重要なんですね。

車の査定ガイド11

でも、実はもっと重要な事があります。それは、どこで査定を受けるかという事。

ディーラーは新車を売ることが本業なので下取りについては、積極的ではありません。

「当店で新車を買い替えるなら、その車、引き取りましょうか」と言った感じです。

車の査定ガイド1

一方、車買取業者は1台でも多くの車を買いとることが本業なので、「欲しい!」と思った車は、他と競ってでも積極的に査定金額をアップします。

また、それぞれの買取業者にも特徴があります。

  • 1BOXカー専門店
  • 4駆専門店
  • 軽自動車専門店
  • ドレスアップカー専門店

などなど。

他にも海外への輸出ルートがある業者は、10万キロ以上の走行距離の車でも積極的に買取ります。

なので、ディーラーの下取り査定よりも買取業者の方が査定金額は高くなることが大半です。

車の査定ガイド11

特に走行距離が多い車には、その傾向が顕著に表れます。

買取業者間でも得意な車によって査定金額が異なるので、1社ではなく複数のお店から査定してもらいましょう。

今の走行距離でいくらで愛車が売れるか目安を知っておく。

相場と最高額を知っておくことで、愛車を安く買い叩かれる事も防げますし、相場よりも高く売れる可能性が高まりますよ。

車の走行距離の目安は?あなたの愛車の値段は今いくら?

かんたん車査定ガイド

車の査定と言えばココ!32秒のカンタン入力で愛車の買取価格がわかる!

車の査定ならかんたん車査定ガイド

  • 現在の年間利用数No1!!
  • 申し込みが簡単、約32秒で完了!
  • 申し込み後、1秒で概算価格を表示!
  • サイトに登録している業者はJADRIの審査に通過した優良業者のみ!

かんたん車査定ガイドは入力項目がたったの4項目と少ないから簡単に車の査定額が分かるのが特徴。

最大10社もの無料見積り比較だからディーラー査定でがっかりしていた方にも納得の価格がでる可能性大!

車の査定ガイド11

高額査定中の車種も古車ランキングで見ることができますし、東証一部上場している株式会社エイチームのグループ企業なので、しつこい勧誘もなくて安心です。

かんたん車査定ガイドの簡単ネット査定はこちら