車の買い替え時期は3年・5年のどっちがお得なのか?ここでは「乗り潰し」と「買い替え」ではどちらがお得なのか、詳しく解説しています。

車 何年乗るのが得

車の買い替え時期は3年・5年のどっちがお得?

新車に乗っていると、廃車までこのまま乗り潰そうか、それとも乗り替え・買い替えをしてしまおうか、考える時期がやってくると思います。

愛着を持っているなら、メンテナンスをしながら完全にクルマが動かなくなるまで乗り続けたいという人もいるでしょう。

もしくは、新車が新しく登場する度に目移りして色んな新車を楽しみたいと考える人もいるかと思います。

もちろん、生活スタイルや車の乗り方があるので、どちらにすべきとは言えませんが、どちらがお得になるのかは知りたいと思いませんか?

車の買い替え時期は3年・5年のどっちがお得なのか?

車の査定ガイド11

ここでは、そんな気持ちの面は置いておいて今回はクルマの「乗り潰し」「買い替え」ではどちらがお得なのか、詳しく情報をまとめていきたいと思います。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

中古車として値段がつく内に売る方が良いと言われる訳は?

中古車の買取査定額は、基本的に右肩下がりだと言われています。

これは購入した時が最高だとして、年々下取りや買い取り価格は下がって行くと言う事です。

車買い替え 年数
尚、ガクッと車の下取りや買い取り額が下がる年数は3年や5年、10年などキリの良い年数を境に下がる事が多いようなので、「もうすぐ購入して3年になる」「来年で購入して10年が経つ」と言う場合には売却せずとも一度査定だけでも受けてみても良いかもしれませんね。

車の登録関係の書類を管理する「一般財団法人 自動車検査登録情報協会」が公開している「平成29年の平均車齢」によると車の買い替え年数は8.5年となっており、

  • 3年で・・・新車購入価格の50%前後まで低下
  • 5年で・・・新車購入価格の25%前後まで低下

という凄く速いペースであなたの新車の下取り/買取価格の相場はドンドン下がってきます。

車の査定ガイド11

そして、上でも書いた通り、「買い替えようかな・・・」と売却を検討するのは値崩れの関係から3年と5年が大きな節目。

これには、車検の費用も買い替え需要に拍車を掛けています。

新車の買い替えを3年ごとにするメリット/デメリット

車の査定初心者6

3年目・5年目に新車を買い替えることのメリットとデメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

購入から3年で新車を買い替えるメリット

購入から3年で新車を買い替えるメリットは以下の通り。

  • 下取り価格や買取価格が、新車購入時の50%前後の値段が付きやすく、高く売れる。
  • 売却可能額が高いだけでなく、初回の車検を免れるので維持費の面で助かる。
  • 基本的に自動車メーカーは各車種のフルモデルチェンジを3年サイクルに近づけているので、最新モデルの車種を味わい続けることが出来る。

購入から3年で新車を買い替えるデメリット

購入から3年で新車を買い替えるデメリットは以下の通り。

  • トータルの金銭的には若干損になることもあり、贅沢なライフスタイルだと受け取られがち。(ただし、ステータスとしてのアピールには繋がる)
  • ローンや残クレなどで返済が終わっていない場合、いろいろと新車の乗り換えが面倒。

新車の買い替えを5年ごとにするメリット/デメリット

車の査定ガイド11

一方で、新車を買って5年目に買い替えをする場合のメリットとデメリットは以下の通り。

購入から5年で新車を買い替えるメリット

  • メーカー保証(3年間以内かつ総走行距離が6万km以下)や、特別保証・延長保証(5年間以内かつ総走行距離が10万km以下)がある。※ただし、エンジンやトランスミッションといった主要部品ではない消耗品は対象外の可能性大も。
  • 3年目に初回の車検費用が掛かるが、5年以内での買い替えは2回目の車検を避けられる。
  • 下取り査定や買取査定で付けられる値段は、新車の購入価格の4分の1くらいは維持できる。

購入から5年で新車を買い替えるデメリット

  • 下取りや買取査定で、25%以下の値段まで値崩れする。
  • 総走行距離が10万kmを超えていたり、過走行車気味だったりすると、下取りや買取で大きな価値の下落がある。

車の買い替え【3年目と5年目の損得計算】

メリットやデメリットを比較すると、どっちもどっちという結果になりました。

車 修理 買い替え

車の査定初心者4

メリットと言っても、結局その人の嗜好や状況が絡んでくるため、はっきりとできないのは仕方ないですよね。

車の査定ガイド11

では、単純に「いくらかかるのか?」という点だけに絞って比較してみましょう。

ただし、単純な計算と言っても、燃費や任意保険の金額には個人差がありますし、故障するかどうかは分かりません。

そのため、ローンや任意保険は考えず、以下の情報で計算していきます。(あくまでもモデルケースとして)

  • 新車購入代金:250万円(各種税込)(※買い替えは同程度のものを購入)
  • 自動車税  :39,500円/年
  • 自動車重量税:12,300円/年(14年目以降17年目までは17,100円/年)
  • 燃費    :15km/L(買い替え後は20km/L)
  • ガソリン代 :120円/L
  • 走行距離  :1万km/年
  • 車検費用  :14万円
  • 修理費用  :0円(5年目まで)、1.5万円/年(6年目以降)
  • 乗り潰し年数:15年
  • 下取り価格 :125万円(3年目)、75万円(5年目)

※自動車税については、消費税が10%になったら廃止になるらしいですが、一応現時点では計算に入れておきます。

3年で買い替える場合の総支出(15年間)

車の査定ガイド11

まずは、車検が来る前の3年で車を買い替える場合です。車検が切れる前に売ってしまうため、車検費用や重量税が不要です。

  • 新車購入代金:250万円 × 5台 = 1,250万円
  • 自動車税  :39,500円/年 × 15年 = 592,500円
  • ガソリン代 :120円/L ×(30,000km ÷ 15km/L)= 240,000円
  • ガソリン代(2台目以降):120円/L ×(30,000km ÷ 20km/L)× 4 = 720,000円
  • 下取り価格 :125万円 × 4台 = 500万円

3年で買い替えながら15年間、車を利用した場合の総支出は、次のようになりました。

結果→905万2,500円

5年で買い替える場合の総支出(15年間)

車の査定ガイド11

次に、下取り価格が大きく下がると言われている、5年目までに買い替える場合を考えます。この場合、車検費用や重量税がかかってくることになります。

  • 新車購入代金:250万円 × 3台 = 750万円
  • 自動車重量税:12,300円/年 × 2年 × 3台 = 73,800円
  • 車検費用  :140,000円 × 3台 = 420,000円(5年目の車検前に処分します)
  • 自動車税  :39,500円/年 × 15年 = 592,500円
  • ガソリン代 :120円/L ×(50,000km ÷ 15km/L)= 400,000円
  • ガソリン代(2台目以降):120円/L ×(50,000km ÷ 20km/L)× 2 = 600,000円
  • 下取り価格 :75万円 × 2台 = 150万円

税金や車検代などの情報を考慮しても、以下のように3年ごとに買い替えるよりは割安になっています。新車購入代金が総支出の大きなウェイトを占めているということでしょう。

結果→808万6,300円

3年スパンでないなら7年目が最後の分かれ道

車の買い替えを3年・5年と見て行きましたが、ここで買い替えしないのであれば7年目が分かれ道になります。

この7年目を過ぎても乗り続けることを考えるのなら、修理や故障による突発的な出費を覚悟する必要があるでしょう。

車の査定初心者9

せっかく車検を受けたのに、その直後の故障や修理が高額になって車を手放すことになったら、大きな損。。。

車の査定ガイド11

それを避けるためにも、乗り続けるなら、3回目の車検の際にぜひ手厚い整備をしてもらってください。

乗り換えも視野に入れて考えるなら、これが最後のタイミング。

これを過ぎると、望んでいるような価格で買い取ってもらえない可能性が出てきます。

車の査定ガイド11

車検代には、消耗品の修理費なども含んでいると考えてください。

こちらをそれぞれの買い替え年数で30年計算してみましょう。

買い替え 車検 損得

3年スパンの維持費

300万円(初回購入)+(300万-150万(売却価格))×10(乗り換え回数)=1,800万円

3年スパンの買い替えだと合計で11台の車を買い替えることになります。

5年スパンの維持費

300万+10万(車検)+(300万-90万円+10万)×6+(300万-90万円)=1,780万円

車は何年乗るのが得なのか。次に5年スパンの年数だと合計で7台の車を買い替えることになります。

7年スパンの維持費

300万+10万+15万+(300万-30万+10万+15万)×3+(300万-30万+10万)=1,490万円

また、7年スパンの年数だと合計で5台の車を買い替えることになります。

13年スパンの維持費

(300万+10万+15万+20万円+20万円+30万円)+(300万+10万+15万+20万円+20万円+30万円)+(300万+10万+15万)=1,115万円

最後に車は何年乗るのが得なのか、13年スパンの年数だと合計で3台の車を買い替えることになります。

車の査定初心者5

3年毎に乗り換えるのと13年毎に乗り換えるのでは30年で約700万円の差があるんですね。

車の査定ガイド11

もし13年以上乗れるなら、もっと安くなりますが、13年目以降から税金が上がってくるので、このあたりが買い替え年数の限界かもしれません。

新車の買い替え時期は3年・5年のどっちがお得?(まとめ)

車の査定初心者5

車を乗り替えるタイミングとして3年目と5年目、7年目は車検や値崩れの面から大きな節目になっていることが分かりました。

車 何年乗るのが得

車の査定ガイド1

車の買い替え時期として3年では少し早すぎる気がしますが、5年目に突入する前に売るのは車検の事や下取り査定額の事を考えてもおよそ適切な買い替え時期と言えるかもしれません。

もちろん5年以内で買い替えると、その都度購入時にかかる手続き費用などの諸経費はかかりますが、もし少しでもお金に余裕があり、自動車への投資の優先順位が高いのであれば、個人的にも5年以内で乗り替えて行きたいと言うのが正直なところ。

人それぞれ家族構成や仕事の都合、お金を使う優先順位によっても買い替えのタイミングは異なります。

車の査定ガイド8

ただ、下取りや買い取りの査定額に関しては右肩下がりで落ちて行き、6年目の車となるとかなり価格は下がると言われています。

情報をまとめると、新車の買い替え時期でおすすめなのは・・・

  • 3年目の時期
  • 5年目の時期
  • 乗り潰すまで乗る

この3択です。

7年目の時期に新車を買い替えるとなると、下取り価格も値崩れ幅には目も当てられません。こうなった場合はいっその事乗りつぶししまうというのもあり。

この点も踏まえて再度検討してみてはいかがでしょうか。

中古車の買い替えサイクルに関してはこちらもチェックしてくださいね!

新車の買い替え時期は3年・5年?車を買い替えるなら早めの準備を!

カーセンサーnet

入力わずか3分。メール査定ok!最大規模の車一括査定!

車の査定ならカーセンサー

  • No.1の全国展開数!!
  • 大手業者から地元の中小業者まで!
  • 輸入車、事故車OK!
  • メール査定OKの車買取業者も選べる!

リクルート運営の車買取査定サイト「カーセンサーnet」は、入力わずか3分で最大30社の車買取業者に車の査定を依頼することが可能。

地元の小さい車買取業者から、大手の業者まで自分が依頼したい業者のみにお願いできます。

車の査定ガイド11

事故車や輸入車でも専門の買取業者を選べるので、とりあえず車を売るのが初めてという方や、大手が安心という方にはカーセンサーがおすすめ。

【無料】カーセンサーnetの簡単ネット査定はこちら

車の一括査定をメールで完結!