車 買い替え やること

車の買い替えでやることについてわかりやすく解説しています。車の買い替えでやることは買い替える前に今の車の査定相場を調べたり税金や名義変更手続きの必要書類を確認したりなど多岐にわたってあります。

車の買い替えでやることは?【知って得する手順や方法】

車の査定初心者6

「さぁ、車を買い替えよう!」と思ったら、何から手を付ければよいいのでしょうか。

車の査定ガイド11

この記事では車を買い替える時の手順や流れを、やることリストとしてピックアップしてまとめています。

  • 中古車の買い替え、準備する書類って何があるの?
  • 買い替えの流ややることが分からない
  • 車の買い替えを検討する際、いつぐらいから準備やリサーチは始めるべき?

などの疑問をサイト内にて情報をまとめているので、最後までチェックしてくださいね。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

やることリスト①新車・中古車など新しく買い替える車を決める

「次はどんな車にしようかな」

一番楽しい時間ですよね。

人それぞれ、車の購入目的は異なることでしょう。

  • 家族が増えたし、キャンプにも行きたいから1BOXにしよう。
  • 通勤に車が必要になったから、燃費の良い車に買い替えよう。
  • 子供も巣立ったので、夫婦2人でゆったりとしたセダンで旅行に出かけたい。
  • 走りにこだわりたいから、ミッション車に買い替えたい。

など、好きな自動車メーカーにこだわるのか、大きさにこだわるのか新しさにこだわるのかは自由です。

しかし車種選びの最中に全く異なるタイプの車が欲しくなる場合もあるので、用途や目的は決して忘れないように気をつけておきましょう。

車の査定ガイド11

また車種ごとにオプションなどによる細かい装備の違いなどもあるため、「どうしてもこの装備は欲しい」というものがないか、この時にチェックしておきましょう。

やることリスト②買い替え予算を明確にする

車 買い替え やること 予算決め

欲しい車には、いくらでもお金を払う。

というごく一部なセレブな方もいらっしゃるでしょうが、大半の方は限られた予算で車を買い替える事と思います。

車の査定ガイド1

ですので、車の買い替えでやることとして必要な予算や費用を明確にしておきましょう。

車の購入には、車両本体価格以外に、税金・手続き代行費用・自賠責保険などがかかってきます。

また、今加入している任意保険も購入する車によっては、高くなる場合もあります。

そのあたりも含めて、全体でどれくらいの予算で車を選ぶか相場を決めておくことが大切です。

やることリスト③買い替える前に今の車の査定相場を調べる

車 買い替え やること2

この時、先程の予算を決める上で、今の愛車がいくらで売れるかも知っておく必要があります。

車を買い替えるわけですから、今の車は手放すケースがほとんどだと思いますが、一般的には新しく買う車の販売店・ディーラーで今の車を下取りに出す、という事が多いです。

車の査定ガイド8

ですが、実はこれは非常に勿体ないのです。なぜなら、販売店・ディーラーに下取りに出すよりも車買取業者に売った方が、平均で17万円も高く売れる、というデータがあります。

ディーラーは1台でも新車を売ることが本業なので、下取りにはあまり興味がありません。

「よろしければ、下取りましょうか」という感覚です。

ですので、自分自身が愛車の最新の相場を知っておく必要があります。

そのクルマがどんな状態であれ、まずは一度、中古車買い取り業者に査定をしてもらいましょう。

逆に車買取専門店は、その名の通り車を買取る事が本業です。

欲しい車は競ってでも高値を付けてくれます。

車の査定ガイド11

今のクルマを手放すことで得られる金額がわかれば、新しいクルマの予算も立てやすくなりますよ。

車の査定初心者4

どちらにしろ今の車の価値が分からないと、その下取り金額が妥当なものなのかわからないまま何となく営業マンの話に流されてしまいがちになりますね。

そのため、この時点であらかじめ査定を受けて買い取り金額を把握しておきましょう。

やることリスト④買い替え購入する車種を絞っていざ商談

愛車の査定相場が分かって、購入する車種が決まれば、実際に試乗をして見積もりをもらい、商談をする事になります。

新車の場合は、本命とする車種の競合車種を調べておいて、そちらも検討していると伝えてみましょう。

車の査定ガイド3

他メーカーであればなおさら値引きを少しでも多く引き出せる可能性がありますよ。

下取り「あり」と「なし」で見積もりを貰うこと

車の査定ガイド11

そして見積もり時の注意点ですが、今の車の下取りは「あり」「なし」の両方でもらいましょう。

なぜなら先程お伝えしたように、下取りよりも買取業者に売った方が断然お得だからです。

販売店によっては下取り価格が本来30万円のところ、25万円で下取り額を提示しておいて、新しく買う車の値引きを5万円増やして「頑張って値引きしました!」という事もあり得ます。

ですので、下取りが「なし」の見積りで本来の値引き金額を知ることができます。

やることリスト⑤車の買い替えの決定と、もうひと押し

自動車販売店にて購入・売却が決定した場合は最後の最後に「今すぐハンコ押すからもう少し何とかならない?」と最後のひと押しを忘れずにしましょう。

この最後のひと押しは非常に効果的で、値引きや物品で+αの対応をしてくれることが多いです。

この対応によって満足度は大きく変わりますのでぜひ挑戦してください。

ローン残債がある場合の注意点

今の車のローンを払い終えているかどうかも、この段階で確認しておきましょう。

車の査定ガイド11

ローンが残っている場合、それを買い取り店に伝えると、買い取り金額からローン残債を一括返済してもらえます。

そしてあなたの手元に、残債額を差し引いた金額が支払われるという仕組みです。

査定額よりもローンの残債額の方が大きい場合

  • 不足分を買い取り店に現金で支払う
  • 不足分をローンで支払う
  • 次のクルマの代金と併せてローンを組んでもらう

など、様々な方法があります。

買い取り店は色々な形で力になってくれるので、まずは相談してみましょう。

やることリスト⑥買い替えを決めたら税金や名義変更手続きの必要書類を確認

欲しいクルマが決まった。あとは価格を交渉して、契約をするだけ。

そんな段階になったら、予め必要な書類や手続きの準備を進めておくと、買い替えがスムーズにいきます。

車の査定初心者10

きちんと段取りをしないと、なかなか契約ができず納車が遅れてしまうので、先手を打って進めていきたいですね!

車の買い替えでの必要書類

  • 印鑑証明
  • 委任状
  • 車庫証明
  • 自動車税の納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車検査証
  • 実印

車の購入に関わる書類は多岐にわたりますが、全て購入または売却する店舗で教えてくれますし大体の書類は業者が揃えてくれます。

車の査定初心者10

難しく考えず、言われたとおりに用意すればいいんですね!

車の査定ガイド11

また車の納車はお客様の都合にもよりますが、基本的に吉日に行いたいのが自動車販売店の本音です。

そのため最低でも納車日の一週間前までには書類を準備し、自動車販売店に届けておきましょう。

やることリスト⑦自動車保険の「車両入替手続き」をしよう

購入する車が決まり、大体の納車の時期を決めたら、早々に自動車保険会社に連絡をして「車両入替手続き」をしましょう。

車両入替手続きとは、自動車保険に登録されている車両を、今までの車から、新しい車に切り替えるための手続きです。

これを忘れると、新しい車で事故にあった場合に補償が受けられない場合があります。

「自動担保特約」という特約があるため、乗り換え後30日間は無保険にはなりませんが、古いクルマに設定していた補償しか得られないため、納車日に保険対象の車両が切り替わるのが理想的です。

車の査定ガイド11

そのためには、処理に必要な日数を見越して、納車より前に切り替え手続きを済ませる必要があります。

手続きはそれほど難しくはなく、必要な書類は新しいクルマの車検証(の控え)だけです。

  1. 自動車保険の代理店やウェブサイトから車両入替手続きを申し込み納車日を連絡。
  2. その上で指定の方法で新しい車検証を保険会社に共有しましょう。
  3. 最後に車両切り替えによる差額を支払えば手続き完了です。

やることリスト⑧納車と売却車両の引き渡し

車の登録や売却に関する書類を届けた後は自動車販売店が処理してくれますので、ひたすら待つのみです。

書類の不備等なければ予定通りの納車日になりますので安心してください。

車の査定ガイド11

納車時には傷やへこみ、仕様に間違いがないかなど細部までチェックしておきましょう。

納車後のクレームは受け付けられない場合もあるため、少なくとも自分の目で確認することをおすすめします。

また売却車両の引き渡しも納車と同時進行で行うとスムーズに車を乗り替えることが出来ます。

引き渡しは基本的に車両を持っていってもらうだけなので難しいことはありませんが、一つだけ注意が必要です。

それは確実に入金されたかを確認すること」

下取りの場合は新車の見積もりと相殺されている場合が多いので関係ないのですが、買取の場合は「○月○日に入金します」と言われます。

その日に入金があるかは確実に確認しておきましょう。

車の買い替えは2ヶ月前からやること

車 買い替え やること まとめ

車の買い替えは「車の購入」「車の売却」で成立します。

そのための準備にかかる時間は「少なくとも2ヶ月」と覚えておきましょう。

  • 車種選びをする(1ヶ月程度)
  • 商談:車両見積もり(2週間~1ヶ月程度)
  • 商談:買取・下取り見積もり(1週間)
  • 書類の準備(1週間程度)

これらを合計すると最低でも2ヶ月程度必要だということがお分りいただけたかと思います。

車の査定ガイド4

買い替えの場合でも基本的に時間のかかるものは車両の購入に関する部分なので、上手く同時進行することで2ヶ月未満に抑えることも可能でしょう。

とはいえ高い金額が動くので、時間をかけて慎重に購入・売却することをおすすめします。

車の買い替えでやることをチェック!一括査定で愛車の値段を知っておこう!

カーセンサーnet

入力わずか3分。メール査定ok!最大規模の車一括査定!

車の査定ならカーセンサー

  • No.1の全国展開数!!
  • 大手業者から地元の中小業者まで!
  • 輸入車、事故車OK!
  • メール査定OKの車買取業者も選べる!

リクルート運営の車買取査定サイト「カーセンサーnet」は、入力わずか3分で最大30社の車買取業者に車の査定を依頼することが可能。

地元の小さい車買取業者から、大手の業者まで自分が依頼したい業者のみにお願いできます。

車の査定ガイド11

事故車や輸入車でも専門の買取業者を選べるので、とりあえず車を売るのが初めてという方や、大手が安心という方にはカーセンサーがおすすめ。

【無料】カーセンサーnetの簡単ネット査定はこちら

TOP⇒車の査定-あなたの愛車を簡単にどこよりも高く売る方法