車 買い替え 印鑑証明

車を買い替える時の印鑑証明についてわかりやすく解説しています。あわせて下取・買取車「売却」に必要な書類、新車「購入」に必要な書類についてもこちらで記載しています。

車を買い替える時の印鑑証明について【手続きには何枚必要なの?】

まず中古車を買い替え時には、「売却に必要な書類」「購入に必要な書類」があります。

書類そのものはディーラーや中古車買取業者の方で用意してもらえますが、「自分で準備しておく書類」もあります。

新車「購入」に必要な書類

  • 印鑑証明
  • 委任状
  • 車庫証明

下取・買取車「売却」に必要な書類

  • 印鑑証明
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 自動車税の納税証明書
  • 自賠責異動承認請求書+印鑑証明
車の査定ガイド11

一例としてこれだけありますが、委任状や譲渡証明書などは買取り店やディーラーが用意してくれますが、自分で用意しなければならないものの一つで意外と分かりにくいのが印鑑証明です。

  • 印鑑証明って何枚必要なの?
  • 車を買い替える際に引っ越ししてるんだけど印鑑証明は旧住所でいいの?
  • 車の買い替えの際に印鑑自体を無くしたことに気付いた
車の査定ガイド1

など今回は車の買い替えで必要となる印鑑証明書についてサイト内にて情報をまとめています。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

中古車の買い替えに必要となる印鑑証明書とは

車の買い替えに必要となる印鑑証明書とは書類に押された印鑑(印影)が本人の実印であることを証明する書面です。

印鑑証明には本人の実印の印影や本人氏名、住所、生年月日が記載されています。

車の買い替えする際に必須となる名義変更時で、所有者の委任状・譲渡証の印鑑が実印であるかを証明する書面として印鑑証明書が用いられます。

印鑑証明書の取得方法は?

印鑑証明書は本人が住んでいる市区町村役場や行政サービスコーナーで取得可能です。

発行費用は市区町村により異なりますが300円程度。

車の査定ガイド11

市区町村により事前登録必要となりますが、最近では一部コンビニでも取得可能となっています。

車の買い替えで印鑑証明を提出する際の注意点

印鑑証明書の期限が迫っているものは買取店ではNG

車の買い替えに必要となる印鑑証明書は陸運局での取得から3ヶ月以内が相場と決められています。

ただし3ヶ月の有効期間があるからといって、期限がギリギリ(1~2週間しかない)ものは車の買い替えの際、買取店で受け付けてもらえず、新しく取り直して欲しいと言われる可能性が高いです。

車の査定ガイド11

理由としては、車の買い替えをお願いする際、買取店は買い取った車をほとんどの場合オークションに出すため、書類の期限が長い(印鑑証明書の期限が長い)ほうがいいから。

オークションのルールで“出品時の翌月末まで書類期限が必要”と決められているため、少なくとも車の買い替え(売却)時から翌月末以降まで有効となる印鑑証明書を求められるかと思います。

これは、買取店が買い替える前の車をすぐに買取店の名義にすればよいのですが、そのためには車庫証明を取ったり、買取店の印鑑証明書を取ったりという手間と時間が掛かるため、クルマを買い取った時の名義のままでオークションに出すことが通常だからです。

ただし期限の短い印鑑証明書を既に持っていて再取得が難しい場合は、車を買い替えた際の買取店にすぐに名義変更してほしい旨を伝えると対応してもらえることもあります。

引っ越ししたらその都度、印鑑登録が必要

引っ越しなどで今住んでいる所で印鑑登録をしていない時は、新たに印鑑登録をする必要があります。

車の査定ガイド8

車を買い替える時に旧住所の印鑑証明のままだと買い取ってもらえないので注意しましょう。

なお、実印に登録する印鑑を持って行き、管轄の役所で手続きを行うと即日印鑑証明書が取れるようになります。

実印に登録する印鑑は高価な印鑑である必要はありません。100円ショップで売っている印鑑(認印)でも登録可能です。

実印(印鑑登録をした印鑑)をなくした場合は、再登録が必要

車の買い替える時に引っ越ししていないから新たに印鑑証明を登録しなくても大丈夫だな、そう思っていても肝心の実印をなくしてしまったという時は、管轄の役所で再登録の必要があります。

その際は、実印に登録する新しい印鑑を持って行く必要があるので忘れないよう注意しましょう。

車の査定ガイド1

再登録の手数料は無料で、即日再登録した印鑑での印鑑証明書を取得できますよ。

車の買い替えや購入に必要な印鑑証明の枚数

車を買うときに必要になる印鑑証明の枚数は、車の購入方法や下取り(買取り)車の有無によって異なります。

そこで、それぞれのケースで分かりやすくまとめてみました。

  • 下取り車・買取り車がなく、現金で車を買う場合・・・計1通
    クルマの新規登録用・・・1通
  • 下取り車・買取り車があり、現金で車を買う場合・・・計4通
    クルマの新規登録用・・・1通
    クルマの名義変更用・・・1通
    自動車税還付用・・・1通
    自賠責保険解約用・・・1通
  • 下取り車・買取り車がなく、ローンで車を買う場合・・・不要
  • 下取り車・買取り車があり、ローンで車を買う場合・・・計3通
    クルマの名義変更用・・・1通
    自動車税還付用・・・1通
    自賠責保険解約用・・・1通

大まかに分けるとこのようになりますが、用意する印鑑証明の枚数に疑問があるときは、何に使用するのか販売店や下取り店に確認しましょう。

軽自動車の名義変更に印鑑証明書は不要

普通車の名義変更には必須な印鑑証明書ですが、車の買い替えが軽自動車であった時は名義変更に印鑑証明が不要となります。

軽自動車の売却時には本人確認のための免許証コピーや住民票で対応してもらえる買取店がほとんどです。

ただし、一部買取店では契約書に実印が必要のため、印鑑証明書が必要こともあるので注意しましょう。

軽自動車でも所有権が付いている時は所有権を解除するために印鑑証明書が必要となる場合があります。

車の査定ガイド11

所有権解除の必要書類は所有権先によって異なるため、確認が必要です。

ただしこれも免許証コピーで対応してもらえることもあるので買取業者に相談してみましょう。

車庫証明など他の必要書類は購入先や中古車の売却先が用意してくれる

車の買い替えに必要なものは実印と印鑑証明だけではありません。

販売店に書類作成や申請を代行してもらうための委任状や、車庫証明などが必要です。

車の査定初心者4

役所へ行って取得するものぐらいなら出来そうですが、それ以外はどうしていいか知っている人は少ないですよね。

車の査定ガイド4

しかし、心配する必要はありません。

ほとんどのディーラーや買取業者・廃車業者がその他必要書類の手配、申請まで行ってくれます。

これはガリバーなどの大型買取店だけでなく、地元の小さな買取店でも同じように用意してもらえます。

あなたは言われた通り書類に必要事項を記入し、押印すれば大丈夫です。

その他の不明な点や書類について説明が必要な場合は遠慮せずに質問しましょう。

車の買い替えには印鑑証明を用意していこう!一括査定で高額査定!

カーセンサーnet

入力わずか3分。メール査定ok!最大規模の車一括査定!

車の査定ならカーセンサー

  • No.1の全国展開数!!
  • 大手業者から地元の中小業者まで!
  • 輸入車、事故車OK!
  • メール査定OKの車買取業者も選べる!

リクルート運営の車買取査定サイト「カーセンサーnet」は、入力わずか3分で最大30社の車買取業者に車の査定を依頼することが可能。

地元の小さい車買取業者から、大手の業者まで自分が依頼したい業者のみにお願いできます。

車の査定ガイド11

事故車や輸入車でも専門の買取業者を選べるので、とりあえず車を売るのが初めてという方や、大手が安心という方にはカーセンサーがおすすめ。

【無料】カーセンサーnetの簡単ネット査定はこちら

TOP⇒車の査定-あなたの愛車を簡単にどこよりも高く売る方法