下取りと買取について1

下取りと買取についてわかりやすく解説。中古車を手放す際、買取店に中古車買取りをしてもらうかディーラーに下取りに出すか、迷っていませんか?知らなければ確実に損をする、下取りと買取の違いについての詳しい説明と、下取りと買取のメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

下取りと買取の価格の違いを知らなければ損をする

下取りと買取の査定の違いとは?

「そろそろ車を売ろうかな」

「中古車から新車に乗り換えたい」

「でも下取りと買取ってどう違うんだろう?自分の場合はどっちが得なのかな?」

そんな疑問を持ってる人も少なくないのではないでしょうか。

中古車を手放す際、買取店に中古車買取りをしてもらうかディーラーに下取りに出すか、2つの方法があります。

車の査定ガイド11

下取りと買取の違いをざっくりと説明すると、買取りは「車を売るだけ」、下取りは「車を買い替える」と言う事ができます。

このページでは、知らなければ確実に損をする、下取りと買取の違いについての詳しい説明と、下取りと買取のメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

新車を買うから下取りに…ちょっと待って!

下取りと買取について2

車を買い換える際、ディーラーに下取りに出すか、買取店に買い取ってもらうかのどちらかになることが多いと思います。

しかし、下取りと買取の違いがよくわからず、ディーラーで営業マンに「頑張って高く下取りします」と言われ、そのまま下取りしてもらって売ったけど、あとから買取専門店ではもっと高く売れることを知り、実は損をしていた・・・なんてことも。

車の査定ガイド11

車を手放す際、下取りにするか買取にするかで大きく金額が違ってきます。

では、下取りと買取の違いはなんでしょうか?まずはそこから解説していきたいと思います。

査定価格の違い【下取りとは】

車を手放す時や、新車に乗り換える場合は、車を購入するディーラーに今まで乗っていた車を引き取ってもらい、新しく購入する車の代金の一部に充てる人もいるかと思います。

下取りのメリット

  • 下取りの場合、車を売る店と買う店が同じなので手間が省ける。
  • 新しい車の値引きが期待できる。

下取りのデメリット

  • 他社の車の評価額が下がる
  • オプションやカーナビなどの社外用品の評価額が低い
  • 下取りをした先の車の中から選ぶことになる

というのもカーディーラーは、基本的に「イエローブック」などと呼ばれるマニュアルにしたがって車の査定額を評価しています。

なので、今自分が乗っている車がスズキ、ダイハツ、トヨタetc…と市場で人気があるクルマでも、「人気度」を査定にプラスすることはありません。

車の査定ガイド7

下取りは新車価格を基準に、年式、グレードごとにベースラインが設定されており、そこから、走行距離、事故履歴、外観、内装をチェックし、減点法で査定していくという特徴があります。

これによってベテランでも新人でも、査定経験暦にかかわらず、基本的に同じクルマの査定額が出てくる仕組みになっているんです。

査定価格の違い【買取とは】

一方買取は、クルマを査定し提示された金額と条件に折り合いがつけば取引が成立します。

売却後はローンの支払いが残っている場合以外は基本的に現金が手元に入ります。

中古車市場で人気のある車、良く売れる車、映画や漫画に出てきて評判になった車などは、高く買い取られることもあります。

車の査定ガイド11

画一的に査定するディーラーの下取りとは違い、需要さえあれば値のつかないような古い年式のクルマも買い取ってもらえるのが大きな特徴です。

下取りとの違い

買取りだとどのメーカーでもきちんとした査定額が出ることや、エアロなどのオプションや社外用品などもプラス評価になる場合が多いです。

その理由は、中古車市場での流通価格を基準にクルマを査定しているから。

ベースラインではなく、車の人気や評判などによりそのつど価格は変動します。

オートオークションの落札価格がおおよその基準となっており、中古車市場で高く売れる評判の車は、オートオークション会場でみんなが欲しがる為、結果として高値で落札されるという仕組みになっています。

この落札額が買い取り専門店の査定額のベースライン(相場)として反映されるので、下取りよりも高い査定額がつく傾向にあるわけです。

車の査定ガイド11

また、中古車を海外に輸出するなど、独自の販売ルートを持っているので、ディーラーの相場よりも高値で売ることが可能になってきます。

ディーラーの下取りと買取の専門店【査定価格】

下取りと買取について 価格差

ここで楽天の一括査定サイトによる、買取をされた方約5,500人のアンケート調査結果で、下取りの査定額と実際の買取価格の平均を見てみましょう。

本当に買取の方が下取りよりも高く査定されるのか

楽天オートの一括査定サイトを利用した人を対象に、アンケート調査を実施しました。

車の査定ガイド1

ほとんどの方が、下取りと比べて 高価な査定金額を提示されたことがわかります。

ご利用者様の売却実績

アンケート回答数: 5,163 件(2013年8月10日~2016年10月20日までの実績)

一括買取査定サービスの平均査定額:873,977 円
下取時の平均査定額:724,222 円

平均差額:149,755円

このように買取価格が下取り査定額より下がった人はサイト内でほとんどおらず、平均すると15万円も価格がアップした人が大半を占めていたのです。

何故、下取りの方が買取より安いのか

車の査定初心者6

でも何故下取り金額の方が安いの?

それについては下記のケースがあげられます。

買取専門店はたくさんの販売ルートを持っている

車の査定ガイド11

買取専門店は売るのが得意な車や、海外への輸出ルート、オプション用品の販売など、多方面への販売ルートがあります。

一方、ディーラーの場合は自社の車を売ることが一番の仕事なので、下取りをした車の売却ルートはあまり多くありません。

査定する項目の違い

ディーラーの場合、純正品以外のオプションパーツにはほとんどプラス査定をつけることはありません。

車の査定ガイド11

一方で、買取専門店などは、オプションパーツについても販売ルートを持っているため、オプション用品をプラス査定した上で金額を上乗せしてくれることがあります。

ディーラーのセールストーク

ディーラーの仕事は「自分の店で新しく車を購入してもらうこと」です。

しかし、新車を値引き販売するにしても限度があります。

其の為あらかじめ下取りの車の査定金額を低く見積もっておき、買おうかどうか迷っている場合のクロージングトーク(契約をする際のワンプッシュトーク)で「新車の値引きは厳しいので、下取りの査定額をアップしておきます!」と、下取りの車の見積金額をあげてお客様に「精いっぱいやってもらっている」と、満足感を与えるのです。

また不動産売買と似ていますがあらかじめ値引き幅のマージン(余裕)がありますのでその中で下取り額と購入車の金額を調整しているだけということもあります。

実際に下取りの見積金額と比べて買取額に大きく差が出たというケースが多々あるので、一度無料の見積りだけしてもらうといいでしょう。

結局のところ買取りと下取りどっちがいいの?

下取りと買取について3

下取り価格は新しい車の価格から値引きされる形となるので、顧客が値引きに満足してくれれば車を買ってくれると業者側が考えることが多く、あまり下取り価格が高くならないケースが多くなっています。

車の査定ガイド1

なので、出来るだけ高く車を売りたい場合は買取専門店で売った方が査定額が高くなる場合が多いでしょう。

こちらに詳しく書いていますが(古い車を高く売る!諦めていた中古車から高額査定を叩きだす!】)

買い取り(または下取り)にだそうとしてる車が、ほとんど下取りで値がつかないような古い車の場合でも、買取専門店であれば大抵は値段がつくのでおすすめです。

下取りと買取はどっちがお得?あなたの愛車に高額査定をつけよう!

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

中古車一括査定で愛車の価格を上げるには?