車の買い替えは下取りと買取りのどちらがお得なのかわかりやすく解説しています。車の買い替え時に下取りに出すメリットや下取りを行う前に知っておきたい注意点についても記載しています。

ディーラー 車買い替え

車の買い替えは下取りと買取りどっちがお得?【知らなきゃ損】

車の買い替えを検討する際、あなたは車種選びに夢中になって、下取りのことを無視していたりしませんか?

実は、車種選びと同じぐらい重要になってくるのが「クルマの下取り額」を高くすることだったりするのです。

高くなった愛車の下取り額でローンの頭金を増やすもよし、浮いたお金でオプションを付けるのもよし、そうすることで、あなたは結果的に新車を安く買うことができます。

車の査定初心者6

でも、実際のところ車の買い替えの時に下取り額を提示されたら、その金額が妥当なのか分かりませんよね?

  • 車を買い替える際の下取りと車買取の違いって何?
  • 車下取りと車買取はどれぐらい売却金額に差が出るの?
  • 手間や時間の差は?
車の査定ガイド11

そこで今回の記事は「車下取り」「車買取」について、サイト内にて分かりやすく情報をまとめていきたいと思います。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

目次

【車の買い替え】下取りとは「自動車ディーラー」で行われることが多い売却法

下取りとは「自動車ディーラー」で行われることが多い売却方法のことを言います。

イメージとしては新しく購入する車の値引き額に、手放す車の価値分だけ値引き額に上乗せすると考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

新しい車と手放す車を同一の店舗で同時に入れ替えると覚えておけば、より覚えやすいかと思います。

新車商談時にはその場で下取り査定がされ、新車の乗り出し価格が予想よりも安くなることもあるでしょう。

【車の買い替え】買取とは「車買取店」に売却する方法

車買取は買い取り専門店による「車を買い取るだけ」の行為です。

買取専門店の有名どころといえば「ガリバー」「ビッグモーター」といえば何となくイメージがしやすいのではないでしょうか。

車買取は「新車の購入」と「売却」が同じお店ではありません。

逆にここがデメリットでもあり、「車の購入」「車の売却」をそれぞれ分けて、行動しなければならないと覚えておきましょう。

車の査定初心者6

つまり車買取の場合は店を自分で探して、売却交渉をしなければならないということですね。

車の買い替え時に下取りに出すメリットについて

車の査定ガイド11

ここまで車の買い替えにおける下取りと買取について説明してきましたが、次からは下取りのメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

あなたが予想しなかった下取りのメリットやデメリットが見えてくるかもしれませんよ。

ディーラーに車を売るメリット

車の買い替え・下取りのメリット①手間がかからない

前述通り、車を買い替える際の下取りとは、新しい車に乗り換えるユーザーに対して、販売店(ディーラー)が古い車の処分を代行し、ユーザーの手間を軽減するためのサービスです。

車は法律で所有権が守られている財産であるため、車を購入する際、または車を売却する際、どちらにもそれぞれ複数の書類が必要で、複雑な手続きをしなければなりません。

新しい車を購入した店舗で、車をそのまま売却(下取り)してもらえれば、書類のやり取りなどすべて一つの店舗で完了でき、手間がかからず、時間を節約することができます。

ディーラーで車を買い替える際は、1人か2人の担当営業がつき、書類の準備はもちろん、手続きに至るまで一貫してお任せできるため、ユーザーの負担は最小限にできます。

車の買い替え・下取りのメリット②下取りによって値引き額の交渉に使える

車の買い替えで下取りと聞くと、車を売却する買取と混同してしまいそうですが、下取りされたからといって現金が手元に入るわけではなく、そのまま次の車の購入資金に充てられます。

すなわち、下取りで発生する売却代金は、実質的には新たに買い替える車の値引き額となるわけです。

その為、ディーラーは車両価格から直接値引きをすることはできなくても、仕訳の内、下取り価格の調整を求めることで、実質的な値引き交渉が可能になります。

車の買い替え・下取りのメリット③下取りは価値がほとんどない車でも査定額がつくことも

ディーラーでの下取りは、あくまで新しい車を買い替えることが前提になっているため、下取りする車にほとんど価値はなくとも価格がつくということは珍しくありません。

車の査定ガイド11

ここだけの話ですが、ディーラーで新車を販売するときには、“予め可能な値引き額”というものがある程度決められています。

実際に車を購入する際に、担当の営業マンと値引き交渉を行ったことがあるかもしれませんが、ディーラー側は少ない値引きで販売しようとするのは当然です。

もちろん決算期など、その時の状況により値引き可能額は変わってきますが、ディーラーも商売である以上、表立って○○万円も値引きしたとはいえません。

例えボロボロで自動車税などの税金が高いような、下取る車の価格が本当に0円だったとしても、下取りと値引き額の合計が限界を超えない限り、値引きの代わりに本来の価値以上の価格で下取りをしてくれるのです。

車の買い替えで下取りを行う前に知っておきたい注意点

このように状況によってはお得になることもあるディーラーでの下取りですが、当然車を買い替える際に気をつけたい点やデメリットも存在します。

大切なことは、メリットとデメリットしっかりと理解し、デメリットを最小限に抑える工夫をすること。

車の査定ガイド11

そのためには、すでにお話したメリットと併せて、下記のデメリットについても覚えておきましょう。

ディーラーに車を売るデメリット

車の買い替え・下取りのデメリット①査定額は中古車買取店の査定額よりも低い

100%とは言い切れませんが、単純に売却することで得られる金額でいえば、ほとんど場合、ディーラーでの下取りよりも、買取専門店へ売却した方が相場が高くなります。

下取りが新たに車を買い替えてもらうためのサービスであるのに対し、買取った車を転売することで利益を得ているのが買取です。

買取業界大手であるガリバーやアップル、さらには近年急成長を見せるビックモーターなどでは、買取った車をできるだけ早く転売し、在庫リスクや管理コストを削減しています。

さらに全国ネットワークを活かした中古車の販売や、その時に一番高く売れるオークションに出品するなど、さまざまな工夫をして競合と争っています。

買取専門店は数多く存在し、常にライバル同士で競争し戦っているため、必然的に買取額は上がっていくのです。

車の査定ガイド11

一方、下取りは既にその店で車を買うことが決まっているため、下取りに関しては基本的にライバルが存在せず、下取り価格で競う必要がありません。

なので、多くの場合において、買取店で売るほうが高い相場になります。

多少の手間と労力を厭わないのであれば、買取店で高く売って得たお金を新車の購入に充てた方がお得になる可能性は高いです。

車の買い替え・下取りのデメリット②中古車買取業者にある「出張査定」サービスがない

車買取店の定番サービスといえば、無料の出張査定!

この出張査定は忙しい人にとってはありがたいサービスとして好評ですが、ディーラーでは基本的に無料出張査定はありません。

車買取業者が行っている無料の出張査定サービスは、自宅はもちろん、希望すれば職場や、公園の駐車場などでも行ってもらうことが可能です。

わざわざ店舗まで出向く手間が省けるのはもちろん、慣れない店舗での査定よりも、いつもの場所で査定を受けることで、精神的な余裕も生まれます。

ディーラー下取りの際には、基本的には店舗に持ち込まなくてはならず、下取りだからといって一切手間がかからないというわけではありません。

車の買い替え・下取りのデメリット③下取りで得た売却代金は自由度が少ない

車を買い替える際、下取りで得ることができる代金は、前述通り次の車の購入代金の一部にしかなりません。

車の査定ガイド8

もちろん、購入資金が増えることになり、お得であることには変わりありませんが、まったく自由にならないお金でもあるのです。

その点、買取専門店へ売却することで得られる代金は、現金で振り込まれるため基本的にはユーザーが自由に使い道を決めることができます。

新たに購入した車のパーツ代にしても良いですし、購入資金に余裕があるのであれば、家族で旅行に行くなどという使い方も可能です。

以上のことを踏まえ、各項目を比較した情報が以下の表になります。

車の買い替え【下取りvs買取】お金・時間・手間で比較

車 買い替え 下取り 比較

 買取額スピード手間
下取り

×

下取りは基本的に買取り額が上がらない

新車にすぐり乗り換えるので遅く感じない

ディーラーに全ての手続きをやってもらえる

買取

下取りよりも相場が高額になりやすい

自分次第ですぐに売却可能

出張査定などのサービスあり

車を売るならディーラーが良いか中古車買取専門店が良いか?

車下取りと車買取のそれぞれにメリットとデメリットがあることは分かったかと思いますが、実際に売却する際はどちらを選べばいいのでしょうか。

その答えは人それぞれですが、なかなか決めづらいのが現状です。

かといって時間には限りがあるし全部を試すことは不可能ですよね。

車の査定ガイド11

下記にどちらの方法を選択すべきかまとめましたので、参考にして下さい。

ディーラー 車買い替え

車買い替えで下取りがおすすめな人

車を買い替える際、査定相場は下取より買取の方が高くても下記に当てはまる人はディーラーで下取りに出す事をオススメします。

  • 複数の業者とやりとりをするのが面倒くさい
  • 仕事やプライベートが忙しくて車の売却に時間を避けない
  • 普段から時間がなく、お金よりも時間を大事にしたい
  • 金額よりも担当者との信頼関係を重視したい
  • 既に購入を決めているディーラーがあり下取りに出す約束をしている
  • 長く車に乗ってきたので、引き取ってもらえれば満足

車買い替えで下取りではなく買取がおすすめな人

逆に下記のような条件に当てはまるあなたは、買取りで車を売却する事をオススメします。

  • 出来るだけ高く車を買い取って欲しいと考えている
  • 自分の愛車の査定に自信が持てない
  • オプションやドレスアップにかなり手間とお金をかけた
  • 自分の車に愛着があるので、最も評価された状態で手放したい
  • 傷やへこみなどが多く、査定額0円だと思い込んでいる
  • 修復歴、事故歴があり査定額に期待出来ない
  • 別に無料で引き取ってもらえれば良いと半ばあきらめている
  • 少しでも高く買い取ってもらって生活費の足しにしたいと考えている
  • 何をするにも損はしたくない!

車買取を希望の人は、車一括査定というのも選択肢に入れるべし(まとめ)

車 買い替え 下取り まとめ

ここまで車を買い替える際の下取りと買取りの比較をしてきましたが、なるべく高く売るとなると車買取店を選び、更にいくつもの業者に査定してもらうことが一番となります。

車の査定初心者4

車の購入費用のためにも高く売りたいけど、それだと手間と時間がかってしまいますよね。

車の査定ガイド11

その手間と時間を解消させる意外な方法があるのです。その方法とは車一括査定サービスを利用すること。

インターネット上には車一括査定サイトというものがあります。

サイト上で車種等の情報を入力することで、複数社に一括して出張査定依頼をすることが可能になるのです。

そのため自宅にいながら複数社からの査定を受けることが可能。

手間も時間もそれほどかからず、最短時間で最高の結果を出すことが期待できます。

車の査定初心者10

登録業者自体も大手から、車種・ジャンル特化業者まであって、その中から好きな業者に査定依頼できるのが良いですね。

車の査定ガイド4

買取額だけでなくスピードやメリットを考えると、車の一括査定が最もバランスの良い売却方法といえるでしょう。

車の買い替えは下取りよりも買取!今の愛車の値段を知っておこう!

カーセンサーnet

入力わずか3分。メール査定ok!最大規模の車一括査定!

車の査定ならカーセンサー

  • No.1の全国展開数!!
  • 大手業者から地元の中小業者まで!
  • 輸入車、事故車OK!
  • メール査定OKの車買取業者も選べる!

リクルート運営の車買取査定サイト「カーセンサーnet」は、入力わずか3分で最大30社の車買取業者に車の査定を依頼することが可能。

地元の小さい車買取業者から、大手の業者まで自分が依頼したい業者のみにお願いできます。

車の査定ガイド11

事故車や輸入車でも専門の買取業者を選べるので、とりあえず車を売るのが初めてという方や、大手が安心という方にはカーセンサーがおすすめ。

【無料】カーセンサーnetの簡単ネット査定はこちら

TOP⇒車の査定-あなたの愛車を簡単にどこよりも高く売る方法