車の買い替えは決算月が一番値引きされるのかという疑問をわかりやすく解説しています。決算期から車の買い替える時期を考えた一般的な交渉スケジュールについても記載しています。

車買い替え時期

車の買い替えは決算月が一番値引きされるって本当?

新車購入を検討している人は、「お得に購入したい」と誰もが考えると思います。

車の査定初心者6

車の買い替えで新車購入は決算期が安くなるという噂は本当ですか?

車の査定ガイド11

確かに決算期の「2~3月」「8~9月」は車が安くなります。

ただし、ディーラー営業マンも慣れているため、しっかりと掴むところは掴んでおかなければなかなか値引きに苦労することも。

  • 本当に決算期(3月、9月付近)は安く買えるのか?
  • 他にお得に購入する方法はないのか?
  • 知る人ぞ知る新車のお得購入術は?

今回の記事では、それらの疑問や不安を解消するために、新車購入の安い時期とその理由、安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように情報をまとめてサイト内にてご紹介していきたいと思います。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、故障車は特にチェック!

車の査定

車の買い替えは決算期の3月・9月を狙え

前述通り、1年で一番安く新車を買える月は、決算月と言われています。

車の査定ガイド11

自動車メーカーの決算月は、3月の年度末決算と、9月の中間決算で、特に3月が1年の中で一番車が売れます。

1番台数が売れていると言う事は、販売店も値引きを拡大して必死に売り込みをかけているということ。

決算キャンペーンと銘打って、3月の決算期は2月から、9月の決算は8月のお盆休み明けから、それぞれキャンペーンを開催するディーラーが多いです。

新車・中古車を購入する時、決算期に値引きが拡大する理由とは

自動車ディーラーは、自分達が販売してきた車と他社が販売してきた車の割合を示す「シェア」と、代理店契約をするために「メーカーと取り決めた販売台数」を非常に気にするという性質を持っています。

車購入タイミング

シェアと取り決め台数は、前年の自動車ディーラーの実績やメーカーの対策などを加味して算出されているため、当年の達成がギリギリであることが多いのです。

ディーラーはシェアと販売台数を気にする

また当年の達成ができない場合は、翌年におけるメーカーからディーラーへの販売インセンティブの削減など、何かしらのペナルティがある場合が多いため、なんとしても達成したいというのが多くの営業マンの本音です。

そのため、多くの自動車ディーラーの決算期である3月は、大安売りしてでもシェアと取り決め台数をなんとか達成させる必要があります。

車の査定ガイド11

つまり、新車を買う側であるあなたは、3月に購入すると比較的安い金額を引き出すことができるのです。

ただし、ここまで情報を読んで「なんだ、じゃあ3月に行けば安く購入できるわけね!」と簡単に考えてはいけません。

実は、3月の中でも狙うべきタイミングがあるのです。

車の買い替えで決算期に安く買うための交渉方法

車の査定初心者6

3月の決算期が一番値引きが拡大すると再三言っていますが、ではいつ契約すれば決算期の大幅値引きの恩恵を受けられるのでしょうか?

販売店は土日の週末や祝日にキャンペーンを展開してを新車の契約を稼ぎたいと思っています。

週末や祝日には値引きの決裁権を持った店長や所長が待機しているので、その場で値引き決済が下りたりします。

車の査定ガイド11

ですから、年度末決算期は1月下旬から3月中の間に交渉し、その間の土日祝日に好条件を引き出して契約しましょう。

各販売店によって決算時期は様々なキャンペーンを展開しています。

内容は、

  • 低金利ローン
  • オプション○○万円サービス!
  • ナビ付きで○○○万円!
  • ご成約の方に○○サービス!

などなど様々なセールスがあります。

決算期から逆算した車の買い替え目安

このようなキャンペーンが各販売店で大体2月から始まり、3月末まで続きます

新聞の折り込みチラシなどでキャンペーンの告知をしているので、それを参考にするといいでしょう。

車 買い替え 方法

決算期から車の買い替える時期を考えた一般的な交渉スケジュール

決算期から車の買い替える時期を考えた一般的な交渉スケジュールを分かりやすくまとめると以下の通り。

12月下旬~1月上旬情報収集期間

購入車種の絞込みや各車種の参考値引き額を雑誌や当サイトで確認します。

実際に商談する本命車・競合車の販売店を、メーカーのホームページやタウンページなどでリストアップしていきましょう。

1月上旬~2月各販売店を回って試乗

1月の最初の3連休辺りから各販売店を回って、ショールームで実車を見たり試乗したりなどして、見積もりを取り交渉をスタートさせます。

その際に、条件次第ではこの年度末決算に車を買い替えますよ、と買う気を見せておきます。

下取り車があれば、ディーラーの査定や買取店、インターネット査定などで、相場を把握しておきましょう。

2月~3月の週末に値引き交渉

2月に入ったら本格的に値引き交渉をスタートさせます。

納車に時間の掛かる車種なら1月中から商談を始めましょう。

競合車と交渉するときも「その車が大幅に安くなれば、本命じゃないけど本当に買うぞ!」くらいの気持ちで交渉します。

競合車と交渉して、好条件が出ればその条件を本命車にぶつけるなどして、大幅値引きを目指しましょう。

9月決算の場合のスケジュール

販売店は土日の週末にキャンペーンを展開して契約を取りたいと思っています。

車の査定ガイド1

なので契約は8月・9月の週末のフェアは絶好の機会です。週末に好条件が出れば決めてしまいましょう。

車 買い替え 方法

8月上旬~中旬情報収集期間

購入車種の絞込み各車種の参考値引き額を雑誌や当サイトで確認します。

実際に商談する本命車・競合車の販売店を、メーカーのホームページやタウンページなどでリストアップしていきます。

8月下旬~9月ショールームなどで試乗

8月のお盆休み明けから各販売店を回って、ショールームで実車を見たり試乗したりなどして、見積もりを取り交渉をスタートさせます。

その際に条件次第ではこの中間決算の時期に買いますよ、と買う気を見せておきましょう。

車の査定ガイド11

下取り車があれば、ディーラーの査定や買取店、インターネット査定などで、相場を把握しておきます。

9月中の週末に値引き交渉

9月に入ったら本格的に値引き交渉をスタートさせます。

競合車と交渉するときも「その車が大幅に安くなれば、本命じゃないけど本当に買うぞ!」と言う気持ちで商談しましょう。

競合車と交渉して、好条件が出ればその条件を本命車にぶつけるなどして、大幅値引きを目指します。

販売店は土日の週末にキャンペーンを展開して契約を取りたいと思っているので、契約は9月の週末のフェアが最も絶好のチャンスです。

日曜日の夕方にその週のキャンペーンが終了します。

それまでにディーラーや営業マンの成績が目標に達していなければ、日曜の夕方がフェア終了のギリギリのタイミングなので、大幅値引きの可能性が高まります。

日曜の夕方にディーラーに訪れて「値引き次第ではこの場で契約する」と商談するとかなり効果的です。

車の査定ガイド1

週末に好条件が出れば決めてしまいましょう。ここが勝負時!と感じたら一気に条件提示して、値引きの上乗せを迫ります。

この時、下取り車がある場合、ディーラーで査定してもらうのはもちろんですが、買取店にも査定してもらいましょう。

以上のスケジュールは基本的なものなので、週末のみの短期決戦でも良いでしょう。

営業マンの反応を見ながら競合車と絡ませながら効果的に交渉しましょう。

車を買い替えるなら決算期に短期決戦か、じっくり作戦か

通常、大幅値引きを勝ち取るためには、焦らずにじっくりと交渉するのが良いと思います。

車購入タイミング

すると営業マンのほうから「がんばって値引きしますからお店の方に来てください!」など好条件が出やすい状況が生まれてきたりします。

しかし決算期の場合、上でも触れましたが1年の中でも一番車が売れる時期です。

お客さんの方も値引が出やすいと言う事を知っていますので、週末にもなればディーラーはお客さんで賑わいます。

車の査定ガイド1

営業マンもすぐに決めてくれるお客さんなら、次のお客さんに売り込みをかけられるので、短期決戦のお客さんを歓迎します。

短期のお客さんなら交渉次第で、営業マンもスピーディーに好条件を提示するかもしれません。

なので決算期なら短期決戦も”あり”です。

車の査定初心者10

じっくりと交渉するつもりで商談をスタートさせて、値引次第ではすぐにでも契約する準備でいくと良いんですね。

決算期の更なる狙い目は「月末」と「ノルマ未達成の営業マン」

「月末の自動車ディーラーは新車が安く購入できる」なんて話を聞いたことがありませんか?

実はその話も、おおむね事実なのです。

どういうことかというと、多くの自動車ディーラーが月単位で営業成績を管理しており月末に締めることが多く、本社や本部に月次での営業成績を報告する必要があります。

自動車ディーラーは本社や本部に「この営業マンは何故ノルマ達成できないのか」と強く問われてしまいます。

ノルマ未達成の営業マンには、ギリギリまで安くしてでも販売するよう指導するのです。

そのため営業マンの成績によっては値引き額が大きくなることも実際にあります。

車の査定ガイド11

基本的に自動車ディーラーで新車購入をする際は、営業成績の締めである月末を狙うことがオススメといえます。

ノルマ未達成の営業マンを見極めるポイントは?

ちなみにノルマ未達成の営業マンは入店時に確認することができます。

自動車ディーラーに入店した際、ここぞとばかりに飛んできた営業マンはノルマ未達成の可能性大です。

基本的に自動車ディーラーの営業マンは指名されない限り、来店されたお客様に対して「早い者勝ち」でつく事ができます。

車の査定ガイド11

そのため月末にノルマを達成している営業マンはそれほど積極的に来店の対応をすることがなく、逆にノルマ未達成の営業マンほど素早くお客様を迎え入れようとするのです。

月末に自動車ディーラーへ行く際は来店時から営業マンの必死さを見極め、できる限り安い金額を引き出しましょう。

下取り車の査定額が高値を維持できるのは2月まで

車の査定初心者6

クルマを買うとき、たいていのユーザーは現在乗っている愛車を手放して新しいクルマを買うことが多いですよね?

車買い替え 3月

ですから、新しい車を買うときには愛車の手放し方についても考えておく必要があります。

2~3月に車の買い替えるなら、それより少し前に手放すことを考えておいたほうが良いでしょう。

というのも、2~3月には新車も良く売れますが、中古車はそれ以上に良く売れるのです。

売れる時期に合わせて1~2月の段階で愛車を手放しておけば、より高く手放せる可能性が高まるのです。

車の査定ガイド11

3月になって手放したのでは、そのクルマが中古車市場に出回るのは4月以降になってしまいますよね?

その時点では中古車は売れなくなっている為、高く手放すのは難しくなってしまうのです。

車の買い替え前にまずは今の車の査定相場を確認してみること

一般的な愛車の手放しとして多いのが“新車を買うディーラーに下取りに出す”という方法だと思いますが、この方法は必ずしも高く売れるとは限りません。

今は、ディーラーに下取りに出すほかに、中古車買取専門店などに愛車を売却するという方法があります。

買取専門店は買い取った車をすぐに業者間の売買市場であるオークションに出品し、競りにかけることで高く処分することが出来ます。

車の査定初心者5

だから、愛車を手放すユーザーからも高く買えるんですね。

車の査定ガイド11

今はもはや新車の購入と愛車の売却は分けて考える時代なのかもしれません。

より高く売れる手放し方こそ今どきの買い替えテクニック

車の査定初心者6

とはいえどうしたら一番高い買取店を見つけることが出来るんですか?

車を高く売る方法

車の査定ガイド11

単純に下取りに出すという方法のほかに、いくつかの車買取業者で買い値を聞くなどのチェックを入れてみるのが良いでしょう。

車の買い替えは決算月を狙うべきですが、ディーラーの下取り査定と比べた上で、より高く売れる方を選ぶのが今どきの車の買い替えテクニックです。

その上で、時間が無かったり効率よく交渉を進めたいという人は、下記で紹介する便利なインターネットの一括査定をお勧めします。

車の買い替えは決算月を狙うのもあり!今の愛車の値段を知っておこう!

カーセンサーnet

入力わずか3分。メール査定ok!最大規模の車一括査定!

車の査定ならカーセンサー

  • No.1の全国展開数!!
  • 大手業者から地元の中小業者まで!
  • 輸入車、事故車OK!
  • メール査定OKの車買取業者も選べる!

リクルート運営の車買取査定サイト「カーセンサーnet」は、入力わずか3分で最大30社の車買取業者に車の査定を依頼することが可能。

地元の小さい車買取業者から、大手の業者まで自分が依頼したい業者のみにお願いできます。

車の査定ガイド11

事故車や輸入車でも専門の買取業者を選べるので、とりあえず車を売るのが初めてという方や、大手が安心という方にはカーセンサーがおすすめ。

【無料】カーセンサーnetの簡単ネット査定はこちら

TOP⇒車の査定-あなたの愛車を簡単にどこよりも高く売る方法