追突事故 全損 買い替え

事故車の下取りの注意点について。事故車は価値がないと思われがちですが価格交渉することで実は高額査定を狙うことが出来ます。この記事では、事故車の下取りで高額売却を狙うためのポイントをまとめています。

事故車の下取り額への影響と定義

車の購入時に下取りを考える人が多いですが、自分の愛車をいざ下取りに出すとなると気になるのが事故車は下取りや査定にどれぐらい影響するか?」と言う点ではないでしょうか?

ただ、事故車と言ってもどの程度の状態を事故車と言うのか?と言うのは理解していない人も多いよう。

車の査定ガイド11

そこで今回の記事ではそんな愛車が事故にあった経験のある人へ向けて、以下の情報をまとめていきたいと思います。

  • 事故車は下取り額や買取額にどれぐらい影響する?
  • そもそも事故車や故障車でも下取りは可能なの?
  • 事故車や故障車は下取りと買取どっちが良い?

もしあなたの愛車も事故経験があったり、どこかの部分が故障していると言う事でしたら、今回の情報を最後まで参考にして下さい。

知らなかったじゃすまされない!車売却の新常識

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか

そこでオススメが、無料の「車一括査定」というサービス。

ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中のサービスなんです!

古い車・走行距離のある車、事故車は特にチェック!

\詳しくは以下のページにて説明しています/車の査定

事故車は下取り額にどれぐらい影響するの?

車の査定初心者6

事故車は下取り額にどれぐらい影響するのでしょうか?

事故車の下取りと言っても、「今まさに事故を起こしてしまって買い替えを検討している!」と言う人もいれば、「以前に事故をして修復した履歴がある」と言う人もいるかと思います。

今回はそれぞれのケースで説明していきます。

今まさに事故を起こして買い替えを検討しているケース

車の査定初心者4

既に乗れる状況ではないぐらいの事故を起こしてしまっていて、新しい車を購入するか、数十万かかっても修理するべきか?と悩んでいます。

もし修理費用より購入費用の方が安くつくのなら、絶対に購入する方が良いですが、大抵「修理の方が安いけど、思い切って買う方が良いかが決断出来ない」と言う場合がほとんどかと思います。

基本的には乗れる状態でないような事故車は下取りでも値段がつかない事が多く、逆に廃車費用を差し引かれる場合もあります。

車の査定ガイド11

下取り額への影響と言うよりは、まず下取りに出す事は出来ないまたは、無料引き取り後廃車になると考えておく方が無難です。

過去に事故歴があり既に修復している事故車のケース

車の査定初心者4

昔に事故した事があり、もし下取りや査定の際に事故車と認定された場合、どれぐらい査定額に影響が出るか?と言うのは気になる所。

これは、査定する業者やディーラーによって大きく変わる為、正直な所、一概にどれぐらい影響するか?と言うのは言えません。

しかし、一般的には半額以下になると言う意見が多く、実際に下取り査定に出してこのような査定の見積もりを貰ったと言う人もいます。どちらにしても、基本的に事故車扱いとなる場合は、下取り額はそれほど期待できないと考えておく方が良いと思います。

事故車の下取りを知る前に【事故車の定義と基準】を理解しておこう

  • 自分の車は事故した事があるから事故車になる・・・
  • ドアをぶつけて修理した事があるんだけどコレって事故車にはいる?

などと疑問に思っている人もいるかと思います。

下取りに出すディーラーによっては、車のオーナーが”素人”だと判断すると、正確には事故車ではないはずが、事故車として査定される場合もあるので注意が必要です。

事故車の定義と基準について

上記で説明したように、下取り査定時に、ごまかされて、事故車ではないのに事故車と言われない様に、まずは「どういった車を事故車と言うのか?」をしっかりと理解しておきましょう。

事故車の区分は3つ
  • 事故に遭った経歴の「事故歴」
  • 修理した経歴の「修理歴」
  • 骨格部を修復した「修復歴」

事故歴や修理歴は査定に大きな影響はありませんが、中古車の品質の評価基準で大きくマイナスされるのは「修復歴車(修復歴あり車)」です。

日本自動車査定協会や自動車公正取引協議会、日本中古自動車販売協会連合会などの総一基準として定義されている修復歴車は、車体の骨格部(フレーム)を損傷し修復または交換した事故車が該当します。

簡単に説明すると、車を安全に走行するために欠かせないフレームなど骨組み・構造部分にダメージを受けた車が修復歴車です。

 

なお、車のフレームなど骨組み・構造部分は頑丈に作られており、一定以上の衝撃を受けないと損傷しません。そのため、通常通り使用できるまで修復したとしても「修復歴があるだけで査定では大きくマイナスされる」と考えてよいでしょう。

車の査定ガイド11

以下の箇所を修理、交換した履歴がある場合は事故車(修復歴あり)と判断されるので注意してください。

事故車の定義 部位

  •  フレーム
  • クロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー (フロント、センター、リアー)
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ラジエターコアサポート (交換のみ)

事故車の下取りにディーラーや自動車販売店は積極的ではない

ディーラーや自動車販売店の仕事は、(自社の) 車を売ること。

そのため、買取業者と比べて、事故車を取り扱うノウハウはあまりありません。

事故車というのは、日本では人気がなく、しかもイレギュラーなトラブルも多いリスクの高い車です。そのため、ディーラーや販売店は、事故車の下取りは積極的ではないんです。

車の査定ガイド8

なので、ディーラーや販売店での下取りは、比較的綺麗な事故車ならともかく、状態の良くない事故車は、廃車をすすめられるか良くて『実質無料(廃車費用なし)』 になりやすいんです。

事故車の下取りをディーラーや自動車販売店に出すのは損

下取りと買取は以下のような違いがあります。

  • 買取…業者に車を買い取ってもらう。価格は、オークションの相場から、買取店の利益を引いた値段になる
  • 下取り…そのお店で車を買い替えることを前提として買い取りしてもらう。新しい車の値引き調整として使われることが多い

下取りは、ディーラーでの買い替えが前提となりますが、ディーラーや販売店が事故車に価値をつけて下取りをすることはあまりありません。

たまに、事故車に価格をつけて下取りをして行くれる場合がありますが、これは値引きを抑えて、下取り価格を上げているだけに過ぎません。(書類上として買い取ったように見せているだけです)

そのため、ディーラーでの事故車の下取り価格は、申し訳程度になりやすいというデメリットがあります。

車の査定ガイド11

そもそも、ディーラーや販売店は、買い取った事故車を転売するノウハウを持ち合わせていません。

もちろん、まったくノウハウがないわけではないのですが、買取業者と比べて、圧倒的に転売能力は劣ってしまいます。

なので、事故車の下取りには積極的でないですし、値段をつけて事故車を下取りするということもしないんです。

そのため、ディーラーや販売店に事故車の下取りを出すと、損をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

むしろ、すすめられた通りに廃車にしたことで廃車費用がムダにかかってしまうということにもなりかねないので注意してください。

事故車や故障車の場合は下取りに出すべきではない?

事故車の下取りについてここまでの内容をまとめると、

  • 事故車は値段がつかない事がほとんど
  • 事故修復歴があると相場の半額以下になる
  • 故障車の場合は廃車費用、引き取り費用を逆に取られる場合もある

と言う事をお伝えしましたが、そう考えると「事故車や故障車は下取りに出すと損するんじゃないの!?」と思う人も多いかと思います。

事故車、故障車を下取りに出すメリットは?

上記のとおり、基本的に事故車や故障車を下取りに出す事はオススメしませんが、それでも時間がない人にとっては、「手続きが楽」「手間が最小限ですむ」「値引き出来ない新車に乗り換える場合は下取り額にプラスしてもらえる」と言うメリットもあります。

ただ、値引きに関しては可能性の話で、ディーラーや販売店に相談する必要があると言う事は理解しておきましょう。

事故車や故障車は専門の買取業者に任せるのがオススメ

車の査定ガイド1

事故車の下取りはディーラーや販売店では値段がつきにくいのですが、実は事故車専門の買取業者は高額買取してくれる可能性が高いんです。

事故車は、日本ではあまり人気がありませんが、海外では丈夫な日本車は大人気。また、修理をすることが難しいような車も、海外ではパーツとしての価値もあります。

買取業者は、買取後の流通経路やノウハウが充実し、事故車に関しても、海外への流通経路もしっかりしています。そのため、事故車でも高額買取してくれるというメリットがあります。

事故車の下取り【事故車専門の業者の場合の注意点】

車の査定ガイド11

事故車の下取りで事故車専門の業者に買取依頼をする場合も注意点が一つあります。

多くの人は『事故車は価値がない』と思っていますよね。その心理を利用して、買取業者は事故車を安く買い取ろうと最初は安い買取額を出してきます。

そのため、1社だけの査定では、高額で買い取ってもらえる可能性は低くなってしまうんです。

なので、少し手間がかかってしまいますが、事故車を高く売りたいなら、複数の買取店に査定を受けることが大切です。

事故車の下取り額を高くする方法

事故車を下取り・買取して高く売るために最も重要なポイントは、複数の買取業者から査定を受けて比較することです。

そもそも、買取業者はそれぞれが独自の販路によって利益を生み出していますので、高額買取を得意とする車種や状態に違いがあります。このため、依頼する業者の違いで査定額に差が出ることがあります。

車の査定ガイド11

事故車を高く売るためには各業者の査定額の比較が欠かせません。そんなときに便利で効率的な方法が一括査定です。

一括査定は、一般的な査定とは異なり、複数の業者が限界ギリギリの査定額で競い合うのが特徴。

さらに、中古車業界に精通している運営会社が優良店のみを厳選しているので、つまずいてしまう人も多い業者選定を手間なく済ますことができます。

事故車の処分には、専門の車の買取サービスを利用するのがもっとも車を高く売る賢い方法です。

事故車の下取り(まとめ)

事故車の下取りは、一般的に事故車は価値がないと考える人が多く、買い替えのために事故車を廃車にしてしまうことが多いです。

とは言え、上記の評価表でも記されていたように、事故車とは言っても走行に支障がなく普通に使用できます。もちろん、未修復の事故車も修復さえすれば同じことです。

車の査定ガイド11

海外では日本車の人気が常に上昇していますし、最近では、世界中に確立している独自の販売ルートを活用して大きな利益を生み出している買取業者も多く、事故車でも高く買い取ってくれるところがあります。

もちろん、買取業者は無料出張査定・買取サービスを実施しているお店がほとんどですので修復済みの事故車だけではなく走行不能な事故車でも問題ありません。

中古車の買取専門店の場合は、事故車も一般的な中古車同様に価格交渉や愛車をアピールすることで高額査定も狙えますし、実際に100万円以上の買取価格が付く事故車も多くあります。

事故車を高く売るには買取を選択することが鉄則ですが、より高額売却を狙うためのポイントを押さえておくようにしましょう。

カービュー事故車買取

カービュー事故車買取は廃車・不動車・水没車も査定可能

車の査定ならカービュー

  • 信用、知名度抜群!信頼性あり
  • 事故車だけでなく廃車・不動車・水没車も査定可能
  • 全国各地で提携店があるから安心
  • 無料で買取業者が来てくれて査定してくれる

カービューではカービュー事故車買取専用のページが用意されているため、そちらから申し込めば、事故を起こしたと分かった上で査定をおこなってもらえます。

それに加えて、カービュー事故車買取のページでは廃車や不動車や水没車まで査定を頼むことができるので、それらに当てはまるものを所有しているなら心強いサイトとなるでしょう。

車の査定ガイド1

みんカラを運営している会社なだけあって、知名度は抜群!利用実績400万人と、国内では一番利用されている事故車一括買取査定サイトでしょう。

【無料】カービュー『事故車専用』簡単ネット査定はこちら

TOP⇒車の査定 | 中古車査定で愛車を簡単にどこよりも高く売る方法